小橋建太の嫁が出産パパに!引退の理由!妻みずき舞の支え

この記事は4分で読めます

元プロレスラーの小橋建太さん

ミスタープロレスと呼ばれるほどの実力者で惜しまれつつ引退しました。

そんな小橋建太さんの奥様が妊娠とのことです!!

そんなおめでたい小橋建太さんを今回調べてみました☆

スポンサードリンク

小橋建太のプロフィールは京都府福知山市出身

rapture_20150407151119

生年月日:1967年3月27日

出身地:京都府福知山市

本名:小橋健太

血液型:B型

身長:186cm

体重:115~120kg

学歴:京都府立福知山高等学校

所属:FortuneKK

現役期間:1988年2月26日~2013年5月11日

25年間のプロレスで現役なんて凄いですね!!

小橋建太の経歴は書類選考落ちからミスタープロレスへ

rapture_20150407205903

1967年に京都府福知山市で小橋建太さんは生まれます。

地元の京都府立福知山高等学校を卒業後、一度京セラに入社しますが、1987年2月に退社します。

理由はプロレスラーになるために!

全日本プロレスへ書類を送りますが、柔道2段の有段者でしたが全国レベルではなかったため、残念ながら書類選考落ちとなります。

しかし、諦め切れなかった小橋建太さんは当時通っていたトレーニングジムのオーナーに相談します。

そのオーナーが遠藤光男さん(元国際プロレスレフェリー)と知り合いで、もう一度全日本プロレスに紹介してもらうことに。

面接ではハル園田さんがいて、「真面目でいい奴。プロレスラー向き」とジャイアント馬場さんに報告。

ジャイアント馬場さんは「わかった。いいよ」と言い、小橋建太さんはプロレスの世界へ入っていきます。
(小橋建太さんはジャイアント馬場さんの付き人をしていた頃があります)

練習生時代、周りは格闘技経験者ばかりだったため、他の選手に負けまいと練習に没頭、周りからは「プロレス馬鹿」と呼ばれていたそうです。

1987年12月16日にプロレスの世界へ導いてくれたハル園田さんの追悼セレモニー後楽園大会でした。(ハル園田さんは南ア遠征の最中、飛行機墜落事故で死亡しました)

1988年2月26日に滋賀県栗東町(現・栗東市)民体育館にて大熊元司戦でシングルデビューします。
その時に「テレビでメインイベントを取り、全国にテレビ中継されるまでは故郷には帰らない」と誓いを立てます。
その後、故郷福知山市近辺の遠征やお母さんが会場を訪れても会おうとしなかったそうです。

1989年7月15日にジャンボ鶴田・小橋建太VS天龍源一郎・スタンハンセンと対決します。
この時、初めての全国放送のメインイベントとなります。
結果は負けてしまいましたが、誓いを果たすことができたため、あえて故郷に帰ったとのことです。

その後1990年にはアジアタッグ王座、1993年には世界タッグ王者、1996年と1998年には三冠ヘビー級王者に君臨など、輝かしい成績を残しています。

2000年には全日本プロレスを退団し、新団体「プロレスリング・ノア」へ移籍を発表します。

移籍後は左膝の故障に悩みながらも、佐々木健介さんとの試合など、名試合を行なっていました。

しかし、2006年に右腎臓癌が見つかり手術を受けます。

546日ぶりにリングに戻るも、度重なる故障により、2013年に引退することになりました。

引退以降は2013年に個人事務所「FortuneKK」を設立、代表取締役となっています。

書類選考落ちから頂点に立つなんて、物凄い努力の人なんですね!!凄い!!
試合も凄い迫力ですね!!

スポンサードリンク

小橋建太の引退の理由は身体の限界

rapture_20150407205733

プロレスリング・ノアに移籍後、度重なる膝の故障・手術や右腎臓癌発症などを克服しリングに立ち続けた小橋建太さん

しかし、2012年2月19日に行なわれた東日本大震災復興支援チャリティープロレスの試合中に左脛骨骨折、右膝内側側副靭帯損傷、右脛骨挫傷を発症し、長期欠場に入ります。

その夜、帰宅後に倒れ、即入院。検査の結果首の故障が発覚し、即手術が必要でした。

骨盤から首に骨を移植する手術をし、骨盤にはセラミックを入れ、復帰を目指していましたが、退院後すぐに骨盤が真っ二つに割れてしまいます。

骨盤の手術を受け、復帰に向けたトレーニングを開始したけども、身体がついていかず、「小橋建太が思うようなプロレスができなくなった」と思ったとのことです。

また、プロレスリング・ノアの創業者、三沢光晴さんが満身創痍の状態でリングに立ち続け、2006年に試合中にアクシデントで亡くなったことも悩んだ1つの理由だそうです。

三沢光晴さん死後、身体に爆弾を抱えた選手がリングに立つのが問題視され、自分もリングで何かあった場合、ファンの子供たちに夢を持てなくなってしまい、プロレスが衰退するようなことは絶対にしたくないとも思ったそうです。

そして、2013年5月11日に惜しまれながら引退しました。

自分の限界を通り越してチャレンジし続け、そして、大好きなプロレスの未来を思って引退されていったんですね。

素晴らしい選手ですね。

小橋建太を支えた妻みずき舞との結婚と妊娠

小橋建太さんは「プロレスと結婚する」と話していたほどプロレスを愛していました。

ですが、2010年に演歌歌手のみずき舞(本名:真由子)さんご結婚されています。

rapture_20150407205139

96年に知人の紹介で交際をスタートし、デートなどもしていました。

ですが、プロレスのトレーニングを考え、旅行先のトレーニング施設を確認してから行っていたそうです。

そんな小橋建太さんを支えようと、みずき舞さんからプロポーズをしますが、小橋建太さんは断ります。

2006年に右腎臓癌の発症、克服の際もサポートし続け、また、みずき舞さんからプロポーズし、2010年6月21日に結婚を発表し、10月2日に婚姻届を提出しました。

rapture_20150407204337

そして、引退まで演歌歌手の仕事を休んでまでみずき舞さんは小橋建太さんをサポートし続けました。

素晴らしい選手の影には素晴らしい奥様のサポートがあるんですね!!

小橋建太さんは引退後は妊活を頑張ると言っていましたが、2015年4月7日に妊娠を発表しました。

rapture_20150407204922

妊娠おめでとうございます!!

出産予定は2015年秋とのことです!!

小橋建太さんとみずき舞さんのお子さんが生まれるの、非常に楽しみですね!!

追記 小橋建太さんがパパになりました

rapture_20151219121836

2015年8月に奥様が無事出産されたそうです(^^)

元気な娘さんとのことですよ☆

本当によかったですね(^▽^)

小橋建太さん、奥様、おめでとうございます☆

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ