細貝萌元日本代表がトルコに移籍した理由は直感と再起!どんなチーム?

この記事は2分で読めます

ザッケローニ前日本代表監督の時はサッカー日本代表に選ばれていた細貝萌選手

ワールドカップ後に発足されたアギーレ前日本代表監督の際は1度しか招集されなくなりましたね。

そんな細貝萌選手は現在、トルコのチームに在籍しています。

トルコに移籍した理由はなんなのでしょうか?

今回は細貝萌選手の移籍の理由について調べてみました。

スポンサードリンク

画像引用元:http://news-soccer.net/player/%E7%B4%B0%E8%B2%9D%E8%90%8C/

細貝萌が移籍したトルコのチームはブルサスポル

rapture_20160412164803

最初に細貝萌選手が移籍したチーム、ブルサスポルについて調べてみました。

ブルサスポルは撮るこのブルサを本拠地とするトルコ1部所属のクラブであり、1963年に創立された歴史あるクラブです。

トルコでは国内3強と呼ばれ、3強以外がリーグを制したことは7度しかなく、09~10シーズンはリーグ制覇しています。

しかし、ブルサに在住している日本人は4人ぐらいしかおらず、細貝萌選手が心細くないか心配ですね。

また、トルコは99%がイスラム教徒であり、日本や細貝萌選手が5年間在住したドイツとも環境がことなるので、ストレスがないのか心配ですね。

が、日本からドイツに行った際に起きたストレス性皮膚炎が発祥し、やはりトルコでも環境変化で再発したとのことです。

やはり、トルコに行った時のストレスが心配です(><)

スポンサードリンク

細貝萌がトルコに移籍した理由は直感と再起!

rapture_20160412164750
画像引用元:http://shooty.jp/1783

細貝萌選手がトルコのブルサボルに移籍した理由はなんだったのでしょうか?

ドイツにいたときに在籍していたヘルタ・ベルリンで試合の出場機会が減った時に移籍を考えた際、多くのドイツクラブやJリーグチームからオファーが来たとのことです。

日本代表で同年代の本多選手、長友選手、岡崎選手の活躍を見ながら、日本代表に復帰したい思いのあった細貝萌選手。

そのため、日本代表復帰を考えた時にはドイツに残り、機会を待つことがいいと思われました。

しかし、細貝萌選手は自身の選手人生を考えた際に、「自分のことを知らない日本やドイツ以外に行ったほうがいい」と直感で閃いたとのことです。

当初はボランチとして出場していましたが、、監督が変わってからは右サイドバックとして出場することになります。

この機会を転機とし、前向きに捉えながら、攻撃面を課題にし、自身のある守備面で見せるようにしています。

新境地で着実にキャリアを伸ばし、代表への再起を目指す細貝萌選手。

新境地で新たなキャリアを作っている細貝萌選手、活躍して日本代表へ再召集されるだけではなく、サッカー人生を充実させて欲しいですね(^^)

まとめ

スポンサードリンク

細貝萌選手がトルコに行った理由について調べましたが

移籍したトルコのチームはブルサスポル

1963年設立で歴史が長く、トルコ3強の強豪チーム

都市ブルサには日本人が4人ほどしかいない

ストレスにより、細貝萌選手はストレス性皮膚炎が再発

移籍の時、ドイツクラブチームやJチームなどオファーが多くあった

しかし、自分のことを知らず、知らない土地でプレーする道を直感で決めた

移籍後はボランチから右サイドバックとして出場する機会が多い

新境地で着実にキャリアを伸ばし、代表再起を目指す

になります(^^)

ストレス性皮膚炎はとても心配ですが、トルコで頑張ってキャリアを磨き、再度日本代表に招集された青いユニフォーム姿を見たいですね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ