石原奈央子はクレー射撃女子リオ五輪初代表!父も代表でプロフや経歴も

この記事は3分で読めます

リオネジャネイロオリンピックが近づいてきましたね(^▽^)

日本代表が決まっていく中、クレー射撃スキートでは石原奈央子選手が日本代表に選ばれていますね!

いったいどんな方なのでしょうか?

今回は石原奈央子選手について調べてみました☆

スポンサードリンク

トップ画像引用元:http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/graph/article.html?id=20160316-OYTAI50001

石原奈央子のプロフィールは古峰神社所属

rapture_20160402222245
画像引用元:http://www.nikko-tochigi.com/blog/?attachment_id=5272

名前:石原 奈央子(いしはら なおこ)

生年月日:1974年10月22日

身長:157cm

体重:66kg

出身地:東京都

在住地:栃木県鹿沼市

出身大学:昭和女子大学 卒

所属:宗教法人古峰神社

その他:國學院大學 神道学専攻科に通い神職の資格を取得

石原奈央子さんは栃木県鹿沼市在住で、古峰神社所属なんですね!!

神社所属とは珍しいですが、石原奈央子選手のご実家が古峰神社なのです☆

宗教法人古峰神社とは

rapture_20160402212201

名前:古峯ヶ原古峯神社(こぶちがはらふるみねじんじゃ)

1300年程に隼人という人が京都から移り住んで、創祀したのが始まりでした。

その後は日光を開いた僧侶の修行の場となり、また、「天狗の社」とも呼ばれ天狗を信仰しています。

お父さんである敬士さんは第84代宮司とのことで、由緒ある神社の生まれなんですねぇ(^^)

そんな方がクレー射撃の競技者というのもすごいですね!

石原奈央子さんの経歴は留学から親子三代射撃選手へ

rapture_20160402210654

石原奈央子選手は東京都で生まれ、栃木県鹿沼市で育ちます。

実家である古峰神社の隣には古峰ヶ原射撃場があり、祖父、父親、2人ともクレー射撃の選手でした。

父親の敬士さんはメキシコ五輪とモスクワ五輪の日本代表に選ばれており、モスクワ五輪は日本の不参加で出場出来ませんでした。

石原奈央子選手は2人の練習風景を見ながら育ち、将来は競技に参加してみたいと思っていたそうです。

日本女子大学を卒業し、國學院大學に通って神職の資格を取得し、イギリスにも留学していた経験のある石原奈央子選手。

留学から帰国後に日本クレー射撃協会が選手発掘プログラムをやっていると知り参加したのが競技スタートのきっかけでした。

これで、祖父、父、石原奈央子さんと親子三代で射撃選手となりました。

32歳の2007年3月に初の公式試合に参加しましたが、25点満点で10点しかとれず、最下位でした。

周りからは父親の敬士さんと比べられ、好き勝手言われ悔しい思いをしました。

この悔しさをバネに特訓し、2008年の公式試合で優勝することが出来ました。

その後、国内上位ランクとなり、世界大会にも出場するようになります。

監督は父親である敬士さんが行なっていましたが、親子なのでぶつかることがあり、別の方からの指導、特にアテネ五輪金メダリストのアンドレア・ベネリ氏に指導してもらいます。

合わせてメンタルトレーニングも行い、「ルーチン」を取り入れて集中力を備えるようになります。

そして、2016年2月に行なわれたインドでのアジア大会にて優勝し、リオ五輪の代表に選ばれました。

敬士さんも電話でよかったなと話し、帰国した時にはお母さんと喜びを分かち合ったとのことです。

スポンサードリンク

初出場で最下位、お父さんと比べられてとても悔しかったんですね!

その悔しさをバネに努力し、オリンピック代表に選ばれるなんて凄いですね☆

是非、石原奈央子選手にはリオで頑張ってほしいですね☆

クレー射撃スキートのルールを調べてみた

rapture_20160402222948
画像引用元:http://www.jal.co.jp/next-athlete/report/clay/03/

石原奈央子選手が出場するクレー射撃スキートのルールが気になりますよね(^^)

今回はどんな競技なのか、簡単に調べてみました☆

クレー射撃スキートとは

ショットガン(散弾銃)で地上から射出される円盤(クレー)を標的に射撃し、打ち壊した数を競う競技です。

トラップは15m先からクレーが射出、ダブルトラップは15m先から2枚同時に射出、スキートは左右から横に射出されます。

競技エリアは?

競技エリアは特恵36.4mの半円形の円弧状に7つ、円の中心に1つ配置されます。

1番射台~8台射台があり、円の直径の両端に配置されたクレー投射装置のハウスがあります。

ルールは?

1番射台から8番射台へと順に移動しながら1ラウンド25枚のクレーを射撃します。

車種は車台に入ったらコールし、クレーを投射され打ちます。

得点はシングルは1発、ダブルは2発で撃ち壊さなければいけません。

命中すれば1枚1点となります。

スポンサードリンク

となりました(^^)

まとめ

リオネジャネイロオリンピックに出場する石原奈央子選手。

モスクワ五輪代表に出場が決まっていたのに出られなかった父からは「競技はやるからには1番を目指せ」と言われ育てられてきたそうです。

その言葉を目標に「出場するからには金メダル」と語っています。

出場するからには頑張って金メダルを取ってほしいですよね(^^)

石原奈央子選手!リオでも頑張ってくださいね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ