谷井孝行は競歩50kmリオ五輪日本代表!自衛隊で結婚!プロフや経歴

この記事は5分で読めます

リオネジャネイロオリンピックが近づいてきましたね(^▽^)

日本代表が決まっていく中、男子競歩50kmでは谷井孝行選手が日本代表に選ばれていますね!

いったいどんな方なのでしょうか?

今回は谷井孝行選手について調べてみました☆

スポンサードリンク

トップ画像引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3058737?pid=16382470

武井孝行選手のプロフィールは自衛隊所属

rapture_20160328223702
画像引用元:http://www.sanspo.com/sports/photos/20150830/ath15083005010004-p1.html

名前:谷井孝行(たにい たかゆき)

生年月日:1983年2月14日

身長:167cm

体重:57kg

出身地:富山県滑川市

出身中学校:滑川市立滑川中学校

出身高校:私立高岡向陵高等学校

出身大学:日本大学 卒

所属:航空自衛隊(自衛隊体育学校)

階級:二等空曹

趣味:音楽鑑賞(B’z、ケツメイシ)

以前の職場:佐川急便

武井孝行選手は私立高岡向陵高校卒業後、日本大学に進学、1度佐川急便に就職した後、現在は航空自衛隊に所属しています。

陸上を続けるために自衛隊に入隊したのはすごいですね(^^)

谷井孝行選手の経歴は野球少年から日本代表競歩選手へ

rapture_20160328192616
画像引用元:http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20150830/Cycle_style_27040.html

谷井孝行選手は富山県滑川市に生まれました。

両親はその頃東京都三鷹市で仕事していましたが、お母さんが出産のために里帰りし、富山県滑川市出身となっています。

出産後は東京都に戻り、小学校6年生まで過ごします。

2歳から水泳を始め、小学校1年生から3年生までサッカーをし、5年生からは野球に打ち込みます。

小学校卒業と同時に両親が滑川市に戻ることになり、中学校からは滑川中学校に進みますが、ここでも野球に打ち込みます。

中学校の3年生の時に、当時校内で1番足が速いと言われていた谷井孝行選手は県内中学校対抗駅伝に出場しますが、この時に運命の出会いをします。

駅伝にてエース区間5位の走りを見せた谷井孝行選手の走りを私立高岡向陵高校の陸上部顧問の目に留まり、スカウトされます。

このスカウトに応じた谷井孝行選手は長距離選手として入学します。

ですが、野球に打ち込んでいた谷井孝行選手はハードの練習の影響で入学一ヶ月で足を疲労骨折してしまいます。

疲労骨折のため長距離練習ができなくなってしまったので、リハビリのために競歩を始めました。

この時に競歩の魅力に気がついた谷井孝行選手はどんどん競歩を打ち込み始めます。

高校1年生の7月に行なわれた富山県国体予選(5000m)ではトップと数秒差の2位を獲得し、2ヶ月の練習期間での記録とは思えない好成績を叩き出します。

後の北陸選手権では優勝し、国体代表となるも、国体では5位でゴール後、失格となってしまいます。

高校2年生では高校のタイトルを総なめにし、同年代をリードする存在となります。

そして、ジュニアのナショナルチーム入りを果たし、世界ユース大会に出場、銅メダルを獲得します。

高校卒業後、日本大学に進学し、競歩を続けます。

2001年にはアジアジュニアで10km競歩で2位、2003年には20km競歩で日本選手権1位となります。

2004年の大学4年の時にはオリンピック初出場のアテネオリンピック代表に選ばれますが、20kmでは15位、50kmでは失格となってしまいます。

今後に期待されましたが、大学生活終わりに右足の股から膝までの右大腿部が骨膜炎になってしまい、練習を一ヶ月休むことになります。

大学卒業後に佐川急便へ就職し、練習を再開しますが、歩形が乱れたりし、思うように走れずスランプに陥ります

スランプの内容はどうしてもロス・オブ・コンタクト(後に記載)気味になってしまうタイムも上がりませんでした。

このスランプが5年ほど続きますが、その間も2005年2007年2009年に世界選手権に出場し、2008年には北京オリンピックにも出場します。

ですが、北京オリンピックでは20km競歩では失格、50km競歩では29位となりました。

その後、自身の練習メニューや歩形など全てを自身で研究し、必要に応じて専門家やコーチからアドバイスを貰うようになり、スランプから脱出を図ります。

2011年の世界選手権では9位となり、2012年の日本陸上選手権50km競歩では2位となり、2012年に行なわれたロンドンオリンピック代表に選ばれます。

しかし、ロンドンに着いた10日後に肺気胸を発症し、調整を急ぎ何とかレースに出場するも途中棄権となります。

2013年には日本陸上選手権50km競歩で優勝し、世界陸上では3時間44分26秒で日本人最高位となる9位となりました。

2014年には競技に集中するために佐川急便から航空自衛隊に入隊し、自衛隊体育学校に入校します。

4月に行なわれた日本選手権50km競歩では日本歴代2位3時間41分32秒の好タイムを出し優勝します。

仁川アジア大会では50km競歩で自己ベストの3時間40分19秒を出し優勝、2015年世界陸上北京大会では50km競歩で世界選手権3位となります。

日本競歩の歴史上初の表彰台に乗りました。

この成績によって谷井孝行選手はリオネジャネイロオリンピック代表に選ばれることになります。

スポンサードリンク

野球少年だった谷井孝行選手が陸上、そして、競歩の道へ進んだのは偶然が重なってのことだったんですね。

怪我やスランプ、肺気胸に悩まされながらも世界陸上で3位となるには相当の努力、そして精神力が必要なのでしょう。

谷井孝行選手は努力も精神力も並外れてますね!すごいです!

谷井孝行選手を変えた結婚と愛娘への思い

rapture_20160328220002
画像引用元:http://www.mod.go.jp/gsdf/phy_s/profile/cn17/pg533.html

競歩競技に打ち込む谷井孝行選手は大学卒業後から長い間スランプが続いていました。

この時にスランプを脱出するきっかけを与えてくれたのが、妻である美紀夫人との結婚と愛娘・美渚ちゃんの誕生でした。

2009年に小学校の同級生だった美紀婦人と結婚し、2010年に美渚ちゃんが誕生した時から練習内容やトレーニング内容を変え、また競技に向けての精神的な変化をもたらします。

谷井孝行選手が弱音を吐くと「やる気が無いなら、行かなきゃいいでしょ!行くならやってきてよ」とけんか腰で励まされ、夫をサポートします。

この変化によってスランプを脱することができました。

次に訪れたのが2014年の自衛隊入隊です。

競歩競技に打ち込むために佐川急便から自衛隊に所属を変えることになりますが、当時石川県に住んでいた谷井孝行選手が自衛隊の体育学校のある埼玉県に移住しないといけませんでした。

30歳を超えて所属を変え、幼い子供を連れて移住するには並大抵の覚悟が必要です。

また、1位ではないときには美渚ちゃんが「なんでパパは一番じゃないの?もう」としかられ、「表彰台に上ってくる」と約束しました。

この覚悟と約束によって世界陸上3位の歴史に残る記録を作ることになりました。

家族のサポート、そして喜びや悲しみを分かちかえる家族に支えられ、谷井孝行選手は競歩を頑張れているんですね(^^)

サポートしてくれる家族のためにも、リオオリンピックでは頑張らないといけませんね☆

競歩のルールを調べてみた

rapture_20160328222459
画像引用元:http://www.sankei.com/photo/photojournal/news/150829/jnl1508290001-n1.html

谷井孝行選手が出場する競歩のルールが気になりますよね!

というわけで、競歩のルールについて調べてみました!

競歩は長距離を歩いてタイムを競います。

男子は20kmと50kmがあります(谷井孝行選手が出場するのは50km)

歩行中は必ず片足のどちらかが地面に接していなければいけません

両足が地面に離れてしまう(ロス・オブ・コンタクト)となってしまうと、反則行為となってしまいます。
(谷井孝行選手が苦しんだ行為ですね)

また、前に出した足を地面につけるときには膝が真っ直ぐに伸びていなければいけません

膝を曲げてしまう状態(ベント・ニー)という状態になると反則行為となってしまいます。

この二つの反則行為スレスレの状態になっていると注意を受けます。

また、明らかに反則行為とみなされた場合赤カードが発行され、赤カードが3枚溜まった場合失格となります。

このルールのため、赤カードが発行されるタイミングによってはゴールした後に失格となる場合があります。

そして、いくら疲れたからといっても、膝を曲げることができず、楽な歩き方をすることができないので、イメージ以上に過酷な競技となっています。

スポンサードリンク

谷井孝行選手もゴールした後に失格となってしまうことが何度もありましたね。

リオネジャネイロオリンピックでは失格にならず、頑張って完走して欲しいですね!

しかし、思った以上に競歩は過酷な競技ですね(><)

この競技に打ち込む谷井選手はやはりすごいです!

まとめ

4度目のオリンピックに挑む谷井孝行選手。

リオネジャネイロオリンピックではメダルを狙っていくと話しています(^^)

愛する美紀夫人や愛娘の美渚ちゃん、そして日本のためにもメダルを手に入れてきて欲しいですね!

谷井孝行選手を応援しましょうね!☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ