武井壮の学歴を小学校から中学校、高校、大学を全部調べた!亀青小学校卒!

この記事は2分で読めます

自称・百獣の王として有名になったタレントの武井壮さん!

タレントとしてだけではなく、現在も様々なスポーツに挑戦し、オリンピック出場を狙っていますね!

そんな武井壮さんの学歴・通われた学校はどのようになっているのでしょうか?

今回は武井壮さんの学歴・学校について調べてみました☆

スポンサードリンク

トップ画像引用元:http://tsutaya.tsite.jp/guide/movie/cinemahandbook/takeiso

武井壮が卒業した小学校は葛飾区立亀青小学校

rapture_20160501200836

武井壮さんは東京都葛飾区出身ということで、同区にある亀青小学校に通っていました。

歴史は江戸時代の寺子屋教育が原点とも言われ、とても歴史が古い学校です。

教育目標は郷土愛や豊かな心の育成とし、1学年3クラス18学級となかよし学級4学級が置かれています。

武井壮が卒業した中学校は修徳中学校

rapture_20160501201443

武井壮さんが通っていた中学校は修徳中学校でした。

学校法人修徳学園が運営する私立中学校であり、「健康・スポーツ進学コース」というスポーツ分野に特化したコースもあります。

新宗教の天理教の東元大教会を設立した中川よし氏が布教の一環として設立したのが始まりです。

武井壮さんは中学校時代は野球部に所属していたとのことです。

野球部の監督からは「努力しない奴にはバッティング練習をさせない」といわれたため、日々努力を怠りませんでした。

また、監督は学業にも厳しく、バッティング練習の本数も学力テストで決まるので、武井壮さんは常に成績トップクラスだったとのことです!

この時から努力家だったんですね☆


スポンサードリンク

武井壮が卒業した高校は修徳高等学校

rapture_20160501201443

武井壮さんが通っていた高校は修徳高等学校でした。

中学校と同じく、学校法人修徳学園が運営しており、中高一貫教育を提供しているのでエスカレーター方式で進学したと思われます。

修徳高等学校の偏差値は54になります。

武井壮さんは中学校時代は野球部に所属していましたが、高校からはボクシングを始めました。

中高と私立学校に通っていた武井壮さんでしたが、両親が幼い頃に離婚し、経済的に苦しかったとのことです。

そのため「スポーツの特待生は学費が免除される」とのことで進学し、学業では「成績優秀者は学費免除、学年3位までに入れば入学金も免除」とのことで物凄い努力をされていました。

通われた6年間はとても大変だったでしょうが、その頑張りがあったからこそ、今もストイックに活躍されているんでしょうね☆

武井壮が卒業した大学のひとつは神戸学院大学法学部

rapture_20160501203943

武井壮さんは修徳高等学校を卒業後、神戸学院大学の法学部に進学します。

神戸学院大学の法学部の偏差値は43になります。

武井壮さんは神戸学院大学に進学した後は短距離走を始めると同時に高等学校教員免許(社会科・商業科)を取得しました。

学業もスポーツも、大学に入ってからも頑張っていたんですね☆

3年生の時には十種競技へ転向しました。

武井壮が卒業した大学の二つ目は中央学院大学

rapture_20160501204025

武井壮さんが卒業された二つ目の大学は中央学院大学でした。

国内の大学を二つ卒業されるというのはあまりなく、珍しいですよね!?

武井壮さんは神戸学院大学に在学中に十種競技でスカウトされ、神戸学院大学を卒業した後に中央学院大学に進学されました。

1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技では競技歴2年半にも関わらず優勝を果たし、驚かれました。

その後、2年間通って卒業しました。

大学に大学生がスカウトされるというのも凄いですが、それほど武井壮さんは素晴らしい能力を秘めていたんですね!

ほんと、素晴らしい人です☆


スポンサードリンク

まとめ

武井壮さんが通われていた学校・学歴に関して調べてみましたがいかがだったでしょうか?

わかったのは武井壮さんは常に努力をされ、スポーツだけではなく学業もとても優秀だったのがわかりました。

今後もそのストイックな姿勢で芸能界やスポーツ界で活躍されるでしょうね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ