柴咲コウ信長協奏曲出演!幼少時代の生活や荒れていた経歴!性格や本名も!

この記事は3分で読めます

現在も女優や歌手として活躍されている柴咲コウさん

2014年10月からスタートするフジテレビ系月9ドラマ「信長協奏曲」にレギュラー出演することが決まったそうです!!(^▽^)

rapture_20140911120217

月刊漫画雑誌「ゲッサン」で2009年から連載されているの漫画を原作に、小栗旬さんが演じる織田信長の妻「帰蝶」を演じるそうです!!

そんなドラマで活躍が期待されている柴咲コウさんを調べてみました✩

スポンサードリンク

柴咲コウのプロフィールは東京生まれの33歳

da355624a8fa2e15d80b71d32db5caff

生年月日:1981年8月5日

年齢:33歳(2014年9月現在)

出身地:東京都豊島区

本名:山村幸恵

血液型:B型

身長:160cm

所属:スターダストプロモーション

柴咲コウの経歴は鍵っ子で家出を繰り返してた

24a70d3ed75d2af832c94d2917f7eb17

東京都で生まれた柴咲コウさんは一人っ子で実家はあまり裕福ではなかったそうです。

そのエピソードに、

両親は共働きで保育園時代は母親の仕事の関係で迎えが遅かったそうです。

小学校時代は自宅の鍵を持っていたり、無いときはアパートの大家に合鍵を借りに行っていたそうです。

おやつはよく母親が砂糖を溶かした片栗粉を焼いたおやつを作ってくれていたとのこと。

ちなみに、住んでいたアパートは6畳2間の2Kで家賃は当時7万円ほど。柴咲コウさんは意外と庶民的だったんですね。

小学校時代から大人びた外見で、中学3年生の頃には28歳に見られたこともあり、一つのコンプレックスだったそうです。

14才の頃に友達と池袋のサンシャインシティを歩いているところをスタウトされ、高校受験後の16歳の時に事務所に所属し芸能活動を始めたそうです。

高校時代はよくプチ家出を繰り返していたそうで、父親と衝突することが多かったエピソードもあります(^^;)

その頃は池袋の「クラブでVIP待遇」「居酒屋でたむろっていた」という話もあって、意外と荒れていたんでしょうか?( ̄ ̄;)

shibasaki0614070-1e391

高校時代の写真を見る限りそうは思えませんが(^^;)

しかし、その経験が今の女優業に生かされているんでしょうね!!( ̄▽ ̄)

スポンサードリンク

女優デビューは1998年に放送されたTBS系番宣番組「クラブ6」。

1999年に放送された日本リーバ(現在ユニリーバ・ジャパン)のCM、「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使っていません」のセリフでブレイク。

それ以降は、

2000年「バトルロワイヤル」
2003年「黄泉がえり」
2004年「世界の中心で愛を叫ぶ」
2005年「メゾン・ド・ヒミコ」
2006年「日本沈没」「県庁の星」
2007年「どろろ」「舞子Haaaan!!!」
2008年「容疑者Xの献身」

などに出演

2013年には「47RONIN」でハリウッドデビューするなど、日本だけに留まらず世界でも活躍されています✩

ドラマでは

2003年「GOODLUCK!!」
2004年「オレンジデイズ」
2003年「Dr.コトー診療所」(2004年2006年続編)
2007年「ガリレオ」

など、高視聴率を記録しているドラマに出演されていました(^^)

私的には、「オレンジデイズ」で聴覚を失った少女を演じていた演技力は素晴らしいと思いましたし、何度泣いたか覚えていません(T▽T)

6638125

素晴らしい演技力ですよね✩

歌手としてはニッポン放送の番組企画でリスナーから歌手を募集し、ユニバーサルミュージックから2002年に「Trust my feelings」でデビューしました。

2003年にはRUIの名義で映画「黄泉がえり」の主題歌「月のしずく」が100万枚を超える大ヒットを記録し、年間チャートでもトップ10入りしました。

その後、「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌「かたちあるもの」、自身が作詞した「影」「invitation」などをリリースし、2014年には「蒼い星」をリリースしています。(同時にビクターエンターテイメントに移籍)

数々の名曲を世に出しているだけに、歌手としても凄い活躍ですね(^^)

柴咲コウの性格は人見知りで気配り上手

hqdefault

華やかな印象とは裏腹に、柴咲コウさんは極度の人見知りだそうです(^^;)

なので、人と打ち解けるのに時間が掛かり、遠くから様子を伺っていることが多いそうです。

また、目力が強い上に、視力が0.1しかなく、睨んでいると誤解されることが多いそうです( ̄ ̄;)

しかし、打ち解けてからはスタッフなどへの「気遣い」「気配り」には好評だということです(^^)

結構勘違いされて損なところもあるでしょうが、打ち解けた後は優しい性格なんでしょうね✩

そんな柴咲コウさん!!

シャイですが演技にも歌唱力にも定評のある柴咲コウさんの活躍に期待大ですね!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ