池上季実子はバツイチで娘1人!幼少時代の不幸や大事故!経歴も!

この記事は5分で読めます

以前はセクシー女優として活躍し、現在でも第一線で活躍し続ける池上季実子さん。

私としては沢口靖子さん主演ドラマ「科捜研の女」で共演したのが印象的でしたね☆

そんな池上季実子さんについて、今回は調べてみたいと思います☆

スポンサードリンク

池上季実子のプロフィールはアメリカニューヨーク生まれ

rapture_20160410222841

名前:池上 季実子 (いけがみ きみこ)

本名:臼井 季実子 (うすい きみこ)

生年月日:1959年1月16日

出身地:アメリカ合衆国 ニューヨークマンハッタン

身長:157cm

血液型:O型

学歴:ノートルダム女学院中学校・高等学校→玉川学園高等部→堀越高等学校卒

所属:オスカープロモーション

趣味:ゴルフ、釣り、古美術、園芸、着物、サッカー観戦、野球観戦(阪神タイガースファン)

池上季実子さんはアメリカ生まれだったんですね(^^)

しかし、三歳半で日本に帰ってきたので英語はあまりできないそうです。

また、祖父は歌舞伎役者の八代目坂東三津五郎さん

叔父に九代目坂東三津五郎さん

従兄に十代目坂東三津五郎さんがいます。

物凄い家計で生まれたんですねぇ(^^)

池上季実子の経歴は苦しんだ時代を乗り越えてベテラン女優に!

rapture_20160410222908

池上季実子さんはお父さんが商社マンだったことで、アメリカニューヨーク、マンハッタンで生まれました。

3歳までアメリカで過ごした後、帰国し京都で育ちました。

帰国後、祖父の八代目坂東三津五郎さんの家に居候する形で住んでいました。

お母さんが八代目坂東三津五郎さんの次女だったからです。

しかし、お父さんがお母さんに相談せずに工場のようなものを始めてしまい、家計はかなり厳しかったようです。

そのため、お父さんとお母さんはよく喧嘩し、お父さんはお母さんに暴力を振っていたそうです。

その光景は昼夜問わず起こりました。

家庭内暴力のある家で育ったのです。

ですので、昼は仕方がないですが、夜にはお母さんは池上季実子さんの1つ下の弟さんを早めに寝せ、池上季実子さんは仲裁役として起こしていました。

また、お父さんは池上季実子さんに対して「お前はダメな人間だ」「何か問題があれば、お前が悪いと思え」と言われ続け、自分はダメな人間だと思い込ませられていました。

辛いことは家庭だけではなく小学校でもありました。

池上季実子さんは幼稚園から小学校までいじめにあっていたのです。

両親は標準語を話していたため、池上季実子さんは標準語を話すようになっていました。

京都弁を話さない池上季実子さんは周りの子供たちの標的にされ、いじめを受けました。

家庭でも学校でも辛い思いをした池上季実子さんは両親が別居をするきっかけで、12歳のときにお母さんと池上季実子さん、弟さんと東京で暮らすようになりました。

東京に移り住んでからはよく叔父である九代目坂東三津五郎さんの家に遊びに行っていました。

そんなある日、いとこの十代目坂東三津五郎さんがテレビの撮影の見学に誘い、池上季実子さんはその撮影に行きました。

その撮影現場に居合わせたプロデューサーが「ドラマの主役をしないか?」とスカウトされ、池上季実子さんは「はい」と即答します。

これがきっかけで女優の道を進み、NHKドラマ「まぼろしのペンフレンド」でデビューをします。

翌年の東京12CH(現:テレビ東京)で放映されたドラマ「純愛山河 愛と誠」で主題歌「わたしの誠」も歌い、人気女優となります。

rapture_20160410222943

愛と誠のOP動画

順調にキャリアを積み重ねてた池上季実子さん。

多くのドラマに主演を演じたり、映画に出演していました。

NHK大河ドラマでは、1979年に「草燃える」1981年に「おんな太閤記」1983年に「徳川家康」1988年に「武田信玄」に出演します。

rapture_20160410223016

しかし、1984年から1985年にかけて半年間の休業をします。

理由に、マスコミから執拗な取材を受けていたためです。

「恋多き女」として恋愛スクープをでっち上げられ、一ヶ月に11人の男性の名前があがる。
弟さんと一緒に居た際、写真を取られて新恋人と記事を書かれる。
郵便物やゴミ箱を漁られる。
盗聴器を仕掛けられる。

っと、犯罪レベルに行き過ぎた取材を受けたため、ストレスにより食事ができなくなったため休業をします。

この期間に10歳年上の男性と結婚されました。

復帰後も精力的にドラマを中心に様々な作品に出演しました。

現在もドラマで主演を務めるなど、その勢いは20代30代の頃と変わらずです。

そのため、数々の賞を受賞しました。

1975年 エランドール賞 新人賞
1975年 日本映画プロデューサー協会
1975年 熊本映画祭 新人賞
1984年 第7回日本アカデミー賞 主演女優賞「陽暉楼」
1989年 第12回日本アカデミー賞 助演女優賞「華の乱」
1990年 日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門
1995年 第1回E-ライン・ビューティーフル大賞
2001年 ネイルクイーン2001 協会特別賞

を受賞しています。

幼少期はとてもお辛い時期がありながらも、ふとしたきっかけでスターダムを駆け上っていったんですね(^^)

プロデューサーのスカウトがきっかけでしたが、この時から普通の中学生とは違うオーラを身にまとっていたのでしょう!

しかし、現在のマスコミも凄いですが、昭和時代のマスコミの手口は凄いですね(><)

現在の日本でやったら犯罪で捕まってますよ……。

休業することになってしまったのもうなづけます……。

それに負けず、結婚されてからも精力的に映像作品に出演し続けた池上季実子さんは凄いの一言ですね!!

スポンサードリンク

池上季実子はバツイチで娘が1人いる!

rapture_20160410223055

経歴でも書きましたが、1985年に池上季実子さんはご結婚されました。

1984年から1985年の休業期間のうちに10歳年上の古美術商を営む男性とご結婚されます。

この時、マスコミに執拗な取材を受けていて、自分の人格をでっち上げられるのがとても許せなくて、勢いで入籍します。

結婚してすぐに池上季実子さんは妊娠します。

しかし、結婚と妊娠がわかった後にマスコミにばれたので、「できちゃった結婚」と報道されました。

本当は籍をきちんと入れた後に妊娠したのですが、まぁ、マスコミは面白いほうへネタを書きますからね……。

その後、娘さんを出産されます。

ですが、結婚から3年後に離婚をし、その後は女手1つで娘さんを育てます

離婚後も相手の性である臼井を名乗っていますが、変えるのが面倒だったのか、娘さんのことを考えてなのかはわかりません。

現在、娘さんは成人し、ご結婚されたとのことです。

池上季実子さんは娘さんを厳しく躾けていたと離します。

しかし、気がつくと言い過ぎている時はすぐに謝るようにしていたそうです。

また、叱る時は頭ごなし怒るのではなく、なぜ悪いのか、なぜ叱るのかをちゃんと説明するようにしていたそうです。

また、32歳のときにハリウッドから映画出演のオファーがありましたが断りました

この時、娘さんが小学校受験を控えていたため、子供の関係を考えて断ったとのとこです。

娘さんを大事に思っているからこそ、キャリアではなく娘さんを選んだのでしょうね。

素晴らしいお母さんだと思います(^^)

池上季実子は大事故を経験し、今も通院している

rapture_20160410223123

1987年に池上季実子さんはある旅番組のロケでカナダを訪れます。

この時に、馬車に乗ったのですが馬が暴走してしまい、車と衝突する事故を起こしてしまいます。

馬車は横転してしまい、池上季実子さんは全身を強打し、病院へ運ばれます。

しかし、その病院では「異常なし」と診断され、擦り傷1つないとのことでした。

ですが、事故から1年後に突如首が動かなくなりました。

急いで病院で検査を受けたところ、一年前の馬車の横転事故が原因の後遺症と診断されました。

しかも、この後遺症は現在も完治せず、現在も治療を継続しています。

莫大な治療費がかかっているそうですが、池上季実子さんは事故に関して訴えておらず、治療費は全額負担しているそうです。

旅番組などはとても人気ありますが、撮影現場ではこのような事故が起こっているかもしれませんね(><)

しかし、後遺症は辛いでしょうね。

私も交通事故にあい、後遺症も若干あるので少しは苦しみがわかります。

ですが、訴えなかった池上季実子さんはある意味すごいですね。

私なら絶対に訴えています!

まとめ

池上季実子さんについては

アメリカニューヨークマンハッタン生まれ
幼少期に父親からの家庭内暴力、いじめを受けていた
中学2年生の頃にスカウトされ、女優デビュー
人気女優となり、執拗なマスコミの取材でストレスによる半年間の休業
半年間の休業中に結婚し、娘1人を出産する
結婚生活は3年で終了し離婚する
娘のためにハリウッド映画出演を断る
馬車横転事故による後遺症を今でも治療している

でした。

波乱万丈な半生を過ごされてきたようですが、この経験が池上季実子さんの演技に深みを与えてるのかもしれませんね。

辛い経験をされましたが、それを糧に、素晴らしい作品を私たちに届けてくれるよう応援しています☆

ベテラン女優の記事はこちらでも☆
松坂慶子は2人娘の母!若い頃から美人!在日韓国人二世だった!
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ