夏菜は暗くてネガティブ?女優の不屈の挑戦!性格や経歴を調べてみた

この記事は3分で読めます

女優として活躍する夏菜さん

私としては、NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」や映画「GANTZ」の2作品のイメージが強いですね(^^)

フジテレビ系バラエティ番組「ピカルの定理」にもレギュラー出演して、マルチに活躍される方だとの印象がありましたね☆

そんな夏菜さんについて、今回は調べてみました☆

スポンサードリンク

夏菜のプロフィールは埼玉出身で趣味がゲーム

rapture_20160410224905

名前:夏菜 (なつな)

本名:渡辺 夏菜(わたなべ なつな)

生年月日:1989年5月23日

出身地:埼玉県

身長:165cm

スリーサイズ:B83 W57 H86

血液型:A型

学歴:日出高等学校卒業

趣味:料理、ゲーム(ネトゲ)、筋トレ

所属:トヨタオフィス

夏菜さんは高身長でスタイル抜群なのは知っていましたが、数字を見るとよりスタイルがいいのがわかりますね(^^)

また、ゲームが好きで特に「ゼルダの伝説シリーズ」が大好きでやりこんでいるのだそうです。

そして、ネトゲにもはまっていた頃があり、20時間連続プレイをしていた過去があるほどの強者です(^^;)

でも、最近は筋トレにはまっており、女性ながら腹筋が割れ始めてきたそうです。

映画「GANTZ」でアクションをこなしていたので、アクション女優としても、これから光っていきそうですね☆

夏菜の経歴はオーディションに落ちても挑戦し続けた不屈の女優

rapture_20160410224938

夏菜さんは中学時代から原宿などでスカウトをされるなど、当時から魅力あふれる方でした。

しかし、中学校から大学までの一貫教育校に通い、芸能活動が禁止されていたため、当時はスカウトを断っていました。

しかし、中学2年生の時にスカウトした事務所に一年後に自身から連絡し、転校して芸能活動を開始しました。

2005年には日本テレビ系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」で端役をこなし、2006年にTBS系ドラマ「ガチバカ!」で生徒役でレギュラー出演し、女優デビューします。

その後はドラマ出演や雑誌のグラビアなどに挑戦し、順調にスタートします。

高校卒業後は大学進学をせず、女優業に専念します。

しかし、2年間で100本以上のドラマや映画のオーディションに挑戦するも不合格ばかり……。

一時期は実家近くの商業施設でアルバイトをして食いつないでいました。

この時、マネージャーからある提案がありました。

「落ちるところまで落ちたのだから髪をショートカットにしてみよう」

当時、夏菜さんは歌手の安室奈美恵さんに憧れて髪を腰まで伸ばすように努力していました。

ですので、髪を切ることには猛反発します!

ですが最後まで逆らえず、しぶしぶ髪を切ることになりました……。

この決断が功を奏し、2009年に映画「GANTZ」シリーズのヒロインに抜擢されます!

rapture_20160410225009

その後はバラエティ番組「ピカルの定理」にレギュラー出演し、コントにも挑戦。

2012年には過去2度落ちたNHK朝の連続テレビ小説「純と愛」のヒロインに2,258人の中から見事選ばれました!!

rapture_20160410225037

2013年にはテレビ朝日系ドラマ「ダブルス~二人の刑事」でレギュラー出演したり、三浦貴大さんとダブル主演の映画「監禁探偵」で初主演を飾ります。

そのほか、声優や音楽番組でのMC、写真集を出版するなど、活躍の場を広げています。

オーディションに100回以上落ちるなんて……、私だったら心が折れて再起不能になりますよ(><)

しかし、アルバイトで食いつなぎながら女優としての不屈の根性で努力してきたから今の夏菜さんがあるんですね☆

ロングヘアーを失うのは辛かったでしょうが、そのおかげでキャラクターが知られるようになりましたし、よかったですね(^^)

スポンサードリンク

夏菜の性格は暗くてネガティブだった

rapture_20160410225106

夏菜さんの性格はどんな性格なのでしょうか?

イメージではとても明るく活発な印象ですね。

しかし、ご自身では「超暗くてネガティブ」だと話しています。

周りからの印象はやはり「元気がある」と思われているようですが、自分ではイメージについていけないと話しています。

また、自分の批判を探すことがあり、批判を見つけると

枕に顔をうずめた後叫ぶ

ひとりカラオケに行って、ヘッドバンギングしながら、オレンジレンジの「キリキリマイ」をシャウト

をするとのこと(^^;)


オレンジレンジ:キリキリマイ

また、自身の生活で「常に寂しくて常に孤独を感じている」とちょっと病気ではないかと思ってしまう発言が……。

知人を食事に誘って楽しめばいいものの「相手がつまらないと思っていたらどうしよう……」と考えて実行に移せず……。

「孤独」「友達ほしい」と話すこともあり、家で感動系の映画を観ては泣いたりしているのだとか……。

イメージとは真逆のネガティブキャラで驚きました……。

そんなに友達がほしいなら私がなりたいですよ(TT)

でも、ネガティブな面があるからこそ、明るい演技だけではなく、暗い演技もできるんでしょうね☆

そこが、夏菜さんの魅力だったりします。

まとめ

スポンサードリンク

オーディションに100回以上も落ち、アルバイトで食いつなぐほど苦しかった時期があった夏菜さん。

でも、ショートカットにし、イメージチェンジをしてから、女優として成功するようになりました☆

ネガティブな部分が見られましたが、これからも諦めず、女優を頑張ってほしいですね(^▽^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ