[訃報]会津鉄道芦ノ牧温泉駅の猫駅長ばすが死去。画像や動画、葬儀日程を調べた!

この記事は2分で読めます

全国の駅には駅長猫を売りにしている駅が沢山ありますよね(^▽^)

会津鉄道の芦ノ牧温泉駅にも名誉駅長としてメス猫の「ばす」がいました☆

しかし、2015年12月10日に後任猫「らぶ」に引継ぎ、ばす引退することになりました。

そして、2016年4月22日に永眠となりました。

ということで、今回はばすについて調べてみました!

スポンサードリンク

猫駅長ばすのプロフィールは混血

rapture_20160425161327

名前:ばす

性別:雌

血統:チンチラとトラの混血

享年:推定18歳

ばすはチンチラとトラの混血なので、あの特長的な毛の長さはチンチラ、色はトラなんですね!

名前の由来はジブリアニメ「となりのトトロ」のネコバスから「ばす」と名づけられました。

子供達に愛されていた猫駅長なのがわかりますね(^^)

猫駅長ばすの経歴は捨て猫から猫駅長へ

rapture_20160425162144

ばすは2000年6月に芦ノ牧温泉駅の近くに住む子どもに拾われました。

捨てられていたらしく、子どもに拾われてからは芦ノ牧温泉駅を住処とし、女性駅長に世話をしてもらうようになります。

2008年4月には初代名誉駅長に任命されました。

この駅を住処とする猫は3代目だといわれ、その後は地元のアイドルとメディアに紹介されます。

その後、ばす駅長のキーホルダーなどのグッズの販売されていましたが、2008年12月18日にはグッズの販売が好調であり、「トップセールスレディ賞」を授与されました。

ばすが駅長になってからは利用客が50%増加し、2010年1月には会津鉄道が総務大臣表彰を受けました。

総務大臣表彰は「ばす」が選挙の広報活動に起用され、貢献したとのとこです。

その他、「福島県男女共生のつどい」の後方大使、地元ロータリークラブから表彰され、トロッコ車両の外装にばすが描かれるなどしました。

2014年7月には「ばす」の後継として「らぶ」が駅長見習いとして採用され、2015年12月24日に交代式をおこなって、「ばす」は引退、「らぶ」が新猫駅長に就任しました。

rapture_20160425163736

2016年4月19日には満開の桜の下を元気いに散歩していましたが、4月22日に老衰となり、永眠しました。

寂しいですが、今まで頑張ってくれましたね(^^)

ばすの意思はらぶが引きついてくれましたので、これからはらぶの活躍に期待しながら、ばすを思いましょう!


スポンサードリンク

猫名誉駅長「ばす」の葬儀の日程を調べた

rapture_20160425164511

残念ながら永眠してしまった猫名誉駅長のばす。

葬儀については神葬祭にて社葬を行なうとのことです。

その社葬が行なわれるというので日程や場所を調べてみました。

社葬日時:平成28年5月1日(日)午前10時

社葬場所:会津鉄道 芦ノ牧温泉駅

住所:会津若松市大戸町上三奇乙49

地図

となります。

また、献花台やメッセージボードが芦ノ牧温泉駅にせっちされるとのことです。

猫名誉駅長「ばす」のファンや縁のあった方は葬儀に参列したり、献花台やメッセージボードを利用してはどうでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

捨て猫から猫名誉駅長に就任し、猫駅長として頑張ってきたばす。

ばす!今までお疲れ様でした!

これからは後任のらぶが引継ぎ、ばすの意思を次ぎながら活躍してくれると思います。

今はゆっくりと休んでほしいですね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ