フェンリルの眼X

日常に流れている情報を狼のような"独自目線”で斬ります!!

三菱自動車は燃費問題で倒産危機?グーグルやアップルが買うのか勝手に考察

   

連日のように三菱自動車の燃費データ不正問題がメディアで話題になっていますよね。

過去2度の危機を乗り越え、なんとかやってきた三菱自動車ですが、今回は倒産か買収かと言われています。

この倒産か買収について、考察してみました。

スポンサードリンク

三菱グループからの援助も今回はない!?

三菱自動車は日本の経済界で力を持っている日本三大財閥の1つ、三菱財閥の1社です。

そのため、過去2度における経営危機は三菱グループ御三家の「三菱東京UFJ銀行」「三菱重工」「三菱商事」が資金援助する形で助けました。

今回も三菱グループ御三家の資本援助によって持ち直すのではないかとも思われていました。

三菱グループの1つを倒産させることはできませんからね。

しかし、そうも言っていられない状況です。

三菱商事は資源価格の下落で減損、三菱重工は大型客船の造船業に取り組み特別損失を出しています。

その額は5000億円以上のようです。

過去に5400億円の資金援助を受けて立て直しましたが、その額と同じほどの損失を受けている今、果たして存続させれるほどの資金を提供できるのか怪しいです。

三菱自動車の手元資金は意外と豊富?

では、三菱自動車のみで今回の対応をできるか調べてみました。

調べてみると、2015年12月の情報では3848億円の手元資金があるようです。

rapture_20160424215733

これであれば、現在問題となっているエコカー減税の差額負担、購入者への補償、(もしかしてですが)日産自動車への損害賠償についてはまかなえそうです。

しかし、この3つの問題が解消されても、日本市場で大きなシェアのある軽自動車の生産・販売ができず、ブランドイメージがさらに崩れた今、自社の商品が売れるとは思えません。

やはり、当面の会社運営資金を工面するか、もしくは身売りするか、できなければ倒産となりそうですね。

スポンサードリンク

三菱自動車の買収はどこが?グーグルやアップルの可能性も!

では、三菱自動車を買収するとすればどこになるのでしょうか?

考えられる第一の相手は中国の自動車メーカーですね。

三菱自動車は自社エンジンを中国メーカーに提供していますから、その中国メーカーが買収を考えるでしょうね。

昨今の中国メーカーの日本企業買収を見ると、無いとは言えません。

次に、EV開発に力を入れているアメリカのテスラモーターズも考えられます。

EV開発というのであればグーグルやアップルなども可能性はありますね。

EV開発、製造工場、販売網がある三菱自動車を買収することは新規に参入するよりも敷居が低いですからね。

IT会社にとっては魅力的でしょうね。


スポンサードリンク

個人的には自動車メーカーSUZUKIと提携し、1から車開発を開始して欲しいですね。

その前に資金がつきますか……。

まとめ

三菱自動車の倒産、買収に関して書いてきましたがいかがだったでしょうか?

個人的には日本の技術を海外に流出して欲しくはないので、海外企業に買収されるのは回避して欲しいですね。

しかし、会社存続のためには仕方が無い決断が迫ってきていますので、今後どうなるか見ていきたいです。

 - 自動車