三菱自動車の燃費不正問題の補償内容は?勝手に考察してみた!

この記事は3分で読めます

三菱自動車が2016年4月20日に同社が製造・販売する軽自動車「eKワゴン」「eKスペース」、日産自動車が販売する「デイズ」「デイズルークス」に関しての燃費不正を行なっていたとの記者会見がありましたね。

低燃費をうたっての販売だったので、消費者としては「騙された!」と思わずにはいられませんね!

三菱自動車が今後、この問題についての補償をすると話していますが、実際はどのような保証かは公表されていません。

ですので、今回は三菱自動車の燃費不正問題の補償内容について考察してみました。

スポンサードリンク

三菱自動車のほかの記事はこちら
三菱自動車は燃費問題で大規模リストラか?日産自動車への損害賠償の可能性も!
三菱自動車燃費試験偽造の車種は4車種!日産へのOEM車種も!

補償内容考察1 車両購入金額の返金

消費者としては1番して欲しいのは「車両購入金額の返金」と「車両の引き取り」ですよね。

燃費を気にして買われた方々にとっては騙されたも当然ですから、これぐらいはして欲しいです。

しかし、これを行なってしまっては恐らく三菱自動車は潰れますね。

車両台数が多すぎます。

もしやっても中古車市場での高めの買い取りでしょうね。

しかも、ディーラーで購入した「新車」に限定した物になると思われます。

これは補償にもなってませんが、恐らく、返金はないでしょう。

補償内容考察2 メンテナンス無償提供

これが一番多いと思いますが、自動車のメンテナンスを無償で提供することですかね?

恐らく、オイル交換や車両点検などを無料で行なうことが1番でしょうね。

1度だけなのか、数年、数万キロなど期間などを設けるのかはわかりませんが、キャンペーンを行なって終わるかと思われます。

スポンサードリンク

補償内容考察3 クーポン券配布

あまり考えられませんが、新車購入した方々へのクーポン券や商品券の配布ですね。

現金の提供は恐らく無いでしょうから、クーポン券や商品券での対応になりそうです。

対象車種のオイル交換券などのメンテナンスから、三菱自動車のみで使えるクーポン券、QUOカードになるのではないでしょうか?

いくらなのかはわかりませんが、あまり額は期待できないと思います。

補償内容考察4 グッズなどの配布

これはあれですね、お詫びの品です。

この車種をディーラーで購入した消費者の方へ手紙を書き、ディーラーに来店された際にお詫びの品としてグッズや商品の配布をするのではないでしょうか?

購入した人にとっては「ふざけるな!」との声が出てきそうですが、これぐらいに留まるかもしれません

補償内容考察番外編 日産自動車への補償は?

私たち消費者への補償も気になりますが、日産自動車への補償内容も気になります。

実際、今回の車種は日産自動車の方が売り上げが高く、販売台数に占める割合も大きいです。

以降、デイズ、デイズルークスの製造・販売に穴が開くと、今後の売り上げに大きく関わります。

この問題への補償への金額や提携解消の有無などが注目されますね。

恐らく、相当額の保証金を支払い、提携解消となると思われます。

スポンサードリンク

追記1 エコカー減税差額支払いと日産自動車への損害賠償で期待できない!?

22日に今回の4車種がエコカー減税の対象車であり、燃費改ざんによる減税の差額分を三菱自動車に支払いを命じる可能性が出てきました。

また、日産自動車への損害賠償請求の可能性もあります。

詳しい内容はこちらで
三菱自動車は燃費問題で大規模リストラか?日産自動車への損害賠償の可能性も!

この状況では、オーナーである方々への補償額は期待できるものにはならない可能性がでてきました。

今後の動きに注目ですね。

追記2 三菱自動車の資金は潤沢?

その後の調査で、三菱自動車の資金がどれほどか調べてたところ、意外と豊富にあることがわかりました。

こちらにその内容を記載しました。
三菱自動車は燃費問題で倒産危機?グーグルやアップルが買うのか勝手に考察

この点から、走行距離から算出した総燃料のうち5%をキャッシュバックするのかという意見が出てきています。

が、これも憶測なのでこれからの日産自動車との協議に注目ですね。

まとめ

今回の三菱自動車の燃費不正問題の補償について考察しましたがいかがだったでしょうか?

皆さんの意見をコメントで聞かせていただけると幸いです。

三菱自動車には、私たち消費者が納得する内容の補償をしていただき、このような問題が二度と起きないようにして欲しいですね。

でなければ、三菱自動車のブランドイメージは地に落ちるかと……。

三菱自動車のほかの記事はこちら
三菱自動車は燃費問題で大規模リストラか?日産自動車への損害賠償の可能性も!
三菱自動車燃費試験偽造の車種は4車種!日産へのOEM車種も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • くれーま君
    • 2016年 4月23日

    「燃費がいい。三菱製でなく日産との共同開発で、絶対大丈夫」日産のセールスマンに言われて無理やり買わされたのに、今になれば、三菱の責任といわれても納得できない。日産も責任とれよな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ