三菱自動車燃費試験偽造の車種は4車種!日産へのOEM車種も!

この記事は2分で読めます

大手自動車メーカーである三菱自動車

過去に大規模なリコール隠しがあり、そこからブランドイメージを立て直すための努力をされていましたね。

しかし、2016年4月20日に三菱自動車が販売する軽自動車2車種、日産自動車へOEM提供している軽自動車2車種の燃費試験でのデータ偽造が発覚しました。

この車種はなんなのか、調べてみました。

スポンサードリンク

三菱自動車の軽自動車 eKワゴン

rapture_20160420171035

三菱自動車が2013年3月から発売しているトールワゴン型の軽自動車「eKワゴン」

形式はB11W型であり、eKワゴンとしては3代目になります。

三菱自動車の軽自動車 eKスペース

rapture_20160420171357

三菱自動車が2014年2月から販売している軽スーパーハイトワゴン型の軽自動車「eKスペース」

形式はB11A型であり、以前発売されていたトッポの後継車種として発売されました。

日産自動車の軽自動車 デイズ

rapture_20160420171731

三菱自動車が製造し、販売を日産自動車が行なっているトールワゴン型軽自動車「デイズ」

三菱自動車の「eKワゴン」のOEM車種として2013年6月から発売されました。


スポンサードリンク

日産自動車の軽自動車 デイズルークス

rapture_20160420172138

三菱自動車が製造し、販売を日産自動車が行なっているスーパーハイトワゴン型の軽自動車「デイズルークス」

三菱自動車の「eKスペース」のOEM車種として2014年2月から発売されました。

三菱自動車の燃費試験偽造に関する声

三菱自動車の燃費試験偽造についての皆さんの声を集めてみました。

スポンサードリンク

やはり、皆さんは以前のリコール隠し問題から「何も変わっていなかったのか」という落胆が大きいですね。

今回の問題から立ち直れるのでしょうか?

まとめ

三菱自動車の燃費性能偽造問題について、4車種と街の声について調べてみました。

この車種については製造販売を中止し、今後、何らかの保証をするとのことです。

今後、このような問題が起こらず、かつて、ラリーなどで見せてくれた最高の時代を復活させて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ