男性の日焼けはカッコいいけど危険!色黒にするお勧めの方法!しみNG!

この記事は3分で読めます

夏もそろそろ近づいてくると、小麦色の肌にしたいと思う男性諸君は多いはず!!

私も夏になれば日焼けをして、海に行きたいと毎年のように思います(^^)

そして、夏に日焼けをした男性はカッコいい!!

そんな男性に憧れますよね☆

しかし、日焼けはカッコいいというメリットもありますが、デメリットも多いですよね……。

そこで、今回は日焼けの危険性と対策を調べてまとめてみました☆

日焼けのメカニズム 紫外線には2種類ある

rapture_20150604170747

夏の小麦色の肌は恋愛において凄いメリットがありますよね☆

そんな日焼けは医学的には「日光皮膚炎」と言われ、これはれっきとした「やけど」なんですよ!!

日焼けは太陽から出る紫外線が皮膚の組織を焼くことによりできます。

紫外線には波長の長いの「A波(UVA)」波長が中間の「B波(UVB)波長が短い「C波(UVC」と3つあり、日焼けに関わるのはA波(UVA)とB波(UVB)です。

波長が長いA波(UVA)はエネルギーが強く、曇りの日でも地上に降り注いでいます。

そして、波長が中間ぐらいのB波は天気がいい日に多く降り注ぎ、皮膚に当たることで日焼けが起こります。

このB波によって肌の表面の細胞が傷つけられることを「サンバーン」といい、肌が黒くなるのを「サンタン」といいます。

日焼けが危険なのはサンバーンの影響

サンバーンは文字通り

サン=太陽、バーン=やけど

です。

日焼けをして最初に訪れるのがサンバーンで、皮膚が赤くなり、ひりひり痛むのはまだいいですが、皮がめくれ剥がれ落ちたり、水ぶくれになったりとします。

また、長期的には日焼けした部分にシミやたるみ、また皮膚ガンを発症する可能性が高まります。

日焼けのメリットを作っているのはサンタンの影響

サンタンとは紫外線が皮膚の奥底に浸透し、メラノサイトという物質に届くと肌を黒くするメラニン色素を作り出します。

このメラニン色素は紫外線が皮膚の奥深くに届かないようにする働きがあり、この副産物として肌が小麦色になります。

このサンタンが起こるのは数日間かかり、サンバーンが落ち着いてから小麦色になり始めます。

これにより、日焼けには2種類あることがわかります。

上手に日焼けをするコツは時間と日焼け止め

rapture_20150604175245

では、肌を傷つけるサンバーンを防ぎ、肌を黒くするサンタンだけをするようにすればいいんですよね☆

しかし、その方法はあるのでしょうか?

いや、あるんです!!

肌をやけどするほど長時間焼かないよにし、直接肌を焼かないようにするのがいいんです。

しかし、長時間焼かないで褐色肌を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?

コツを調べてみました☆

① 午前10時から午後2時は太陽のエネルギーが強いので、この時間帯を避ける。

② 日光浴は1日3時間以上しない

また、肌を直接焼かないようにするにはサンオイルや日焼け止めローションを使えばいいんです!!

不思議に思うでしょうが、日焼け止めをしていても日焼けはします。

日焼け止めやサンオイルにはSPFとPAというのが記載されています。

これは紫外線から肌を守る指数や効果を表しています。

SPFは紫外線防御指数と呼ばれています。

日焼けは肌に炎症を起こす紫外線を防ぐ効果があり、1SPFは20分間紫外線から守ってくれる効果があります。

SPFの現在の最大値は50です。

PAは紫外線による肌の老化を防止する効果があります。

PAの値には「PA+」から「PA+++++」とあり、+が多いほど効果があります。

もちろん、効果が多いほど褐色の肌になりにくく、効果が少ないほど褐色の肌になりやすいです。

ですので、サンオイルや日焼け止めローションを買う際にはこの値を見て、自分にあった物を買うのがいいでしょう。

サンオイルと日焼け止めですが、サンタンが起こると肌が紫外線に強くなります。

ですので、肌を守るために白いうちは日焼け止めローションを、肌が褐色になってきたらサンオイルに変えていくのがお勧めです。

また、いくらサンオイルや日焼け止めをしていても肌はやけどをしている状態になります。

ですので、日光浴が終わったら冷やしタオルや冷水でほてりを押さえ、また、乾燥している肌に水分を補うために化粧水をつけてあげるのがいいでしょう。

いかがでしたか?

皆さんも上手く太陽の紫外線と付き合い、褐色の肌を手に入れて、夏をエンジョイしましょう!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ