ベビーシッターの料金や時間は?なるには資格は必要?

この記事は2分で読めます

共働きの家庭が増えている昨今、お子さんをお持ちのお父さんお母さんは大変でしょう。

それに、急にどうしても外せない用事ができたとき、お子さんを預ける場所を探すのは至難の業ですよね……( ̄ ̄;)

そんな時に利用したいサービスなのがベビーシッター!!

そんなベビーシッターについて、今回調べてみました(^^)

スポンサードリンク

ベビーシッターとは自宅で個別保育をするサービス

rapture_20150603193637

通常、私たちが子供を預ける場所と考えるのは保育園や幼稚園を思い浮かべます。

これらは多くの子供達を施設に預ける集団保育といいます。

しかし、施設ではなく依頼者の自宅などで少人数(1人~複数人)を保育するサービスがあります。

それがベビーシッターサービスです。

起源は1800年ごろのイギリスの富裕層が子供の育児をするメイド(チャイルド・ナース)を雇うことから始まりました。

その後、ナニーと呼ばれるイギリス式のベビーシッターの職業ができ、養成校もできるようになりました。

保育以外にも子供の教育もするなど、単なる子守というのを超えるほどでした。

現在、日本ではベビーシッターを派遣する派遣会社や、インターネットなどでその時に来れる人物を探すマッチングサイトで受けることができます。

ベビーシッターになるには資格は必要ないけど会った方が断然いい!!

rapture_20150603201541

そんなベビーシッターですが、ベビーシッターを職業にするには資格が必要なのでしょうか?

実は、ベビーシッターには資格は必要ありません!!

保育園の先生や幼稚園の先生には必要なのに、なぜ、ベビーシッターには必要ないのでしょうか?

通常、保育園など集団保育施設(認可保育施設)に勤務するためには国家資格を取得する必要があります

しかし、ベビーシッターが仕事をする場所は基本的には依頼者の自宅です。

この違いから、ベビーシッターは資格がいらず、名乗れば誰でもなれるのです。

しかし、サービスを受ける側としては自分の子供を預けるのですから、専門知識がない人では不安ですよね……。

そこで、民間資格である全国保育サービス協会「認定ベビーシッター資格」という資格があり、取得すれば一定以上の知識を有することをお客様にお知らせすることができます。

また、企業が運営するベビーシッター派遣会社に属する場合、その時に研修で専門知識を勉強しますので安心ですね☆

もちろん、国家資格を有する保育士の方はすぐになれますし、お客様やお子様も安心ですよね(^^)

というわけで、ベビーシッターになるには資格は必要ありませんが、できるのであれば国家資格を、できないのであれば会社に属して勉強するか民間資格を取得することをお勧めします☆

スポンサードリンク

ベビーシッターの料金っていくらなの?どこまでやってくれるの?

rapture_20150603203558

そんなベビーシッターですが、料金やサービスはどうなんでしょうか?

まず、企業を調べてみると、入会金や年会費が高いところが多いですね!!

入会金は無料の企業もありますが、高級感を売りにしている企業は21,000円~52,500円もしますね!!

年会費はこれまた無料から10,500円ぐらいが相場のようです。

利用時間は1時間1470円~2400円とまちまちですが、結構します。

サービスは基本的には保育のみですが、中には家事をしてくれるサービスもあるので、上手く利用するのがいいでしょう(^^)

さて、企業ではなく個人などで行なっているマッチングサイトですが、大体1時間1,000円~1,500円が多いですね。

時間などもまちまちで、やはり依頼するお客様のニーズと受けるベビーシッターによって変わってくるようですね。

しかも、サービスもやはり個人、+αをするのであればその時々での交渉が必要になってくると思います。

あと、ベビーシッターの能力もありますし、これは一概には言えないでしょう。

慣れてくると、直接お願いされたりする常連さんも出てきますので、やりがいはある仕事だと思います。

いかがでしたか?(^^)

皆さんもお子さんの安全や育児のためにもベビーシッターサービスを利用し、時間がある方や子供が好きな方はベビーシッターという職業もいいと思いますよ☆

それでは、また次回☆

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ