阿蘇神社の楼門と拝殿が熊本地震で倒壊!現在と過去の画像や地図を調べた

この記事は2分で読めます

熊本地震が14日に起こった後、16日になっても大規模な余震が続いており、被害が拡大していますね。

とても心が痛みます。

そんな中、国の重要文化財である阿蘇神社、その「楼門」と「拝殿」が全壊してしまったとのことです。

ということで、阿蘇神社の楼門と拝殿について調べてみました。

熊本地震に関する記事はこちら
[小規模噴]熊本地震は阿蘇山大規模噴火の前触れ?過去九州地方を焼き尽くした[随時更新]
宇土市役所が熊本地震で倒壊寸前!鉄筋コンクリートの過去現在画像も
地震が起きた時の非常時の備えを調べた!食料や女性が必要なもの!
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ
スポンサードリンク

阿蘇神社は古くに作られた神社

rapture_20160416160208

阿蘇神社の説明

阿蘇神社は熊本県の北東、阿蘇山の北麓に鎮座する阿蘇市にある神社です。

全国に約450社ある「阿蘇神社」の総本社であり、現在は神社本庁が定めた、神社本庁が包括している別表神社です。

日本の第7代天皇である考霊天皇が即位している時代から始まり、その時期は紀元前と言われています。

古代から現在に至るまで有力氏族である阿蘇氏が大宮司を勤めています。

阿蘇神社にある6棟の建物は平成19年6月18日に国の重要文化財に指定されました。

楼門は江戸時代末期である1849年に造営されたものでした。

拝殿は「神楽殿」という名で、楼門をくぐってすぐ目の前に見える建物でした。

阿蘇神社の地図と住所

rapture_20160416163933

阿蘇神社の地図

阿蘇神社の住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083-1

阿蘇神社楼門と拝殿の過去と現在の画像

では、まず最初に阿蘇神社桜門の過去の画像を掲載します。

rapture_20160416161620

rapture_20160416162111

とても立派で、堂々としており、力強さと美しさを感じますね。

重要文化財に指定されるのがわかります。

拝殿はこちらです。

rapture_20160416163341

歴史を感じる建物であり、長年人々に愛されてきたのがわかります。

スポンサードリンク

そして、こちらが現在、倒壊した阿蘇神社楼門の画像になります。

rapture_20160416161759

rapture_20160416161938

rapture_20160416162004

rapture_20160416163905

一番上の瓦部分以外は全て崩れているのがわかりますね。

歴史があり、後世に残していかなければいけない建造物なのに、この姿はとても心が痛いです。

また、拝殿の現在の画像はなかったのですが、航空写真をみただけでも拝殿が倒壊しているのがわかります。

阿蘇神社楼門の倒壊に関する声

この阿蘇神社桜門の倒壊に関する声を集めてみました。

やはり、皆さん驚きが隠せないようですね。


スポンサードリンク

まとめ

今回の熊本地震の影響で倒壊した阿蘇神社の楼門と拝殿。

恐らく、いずれ再建されるとは思いますが、今は人名優先であり、これ以上の被害拡大が起こらないことを祈るばかりです。

熊本地震に関する記事はこちら
[小規模噴]熊本地震は阿蘇山大規模噴火の前触れ?過去九州地方を焼き尽くした[随時更新]
宇土市役所が熊本地震で倒壊寸前!鉄筋コンクリートの過去現在画像も
地震が起きた時の非常時の備えを調べた!食料や女性が必要なもの!
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ