[小規模噴]熊本地震は阿蘇山大規模噴火の前触れ?過去九州地方を焼き尽くした[随時更新]

この記事は4分で読めます

2016年4月14日の夜に熊本県益城町で発生した震度7の地震。

今現在も余震が続いているようで、熊本県民を始め、日本全国が恐怖に怯えていますね。

そんな中、より不安な情報が入ってきました。

それは、益城町から十数キロしか離れていない場所に阿蘇山があるからです!

心配ですね……。

ということで、今回は地震と阿蘇山について調べてみました。

合わせて読みたい記事はこちら!
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ
宇土市役所が熊本地震で倒壊寸前!鉄筋コンクリートの過去現在画像も
阿蘇神社の楼門と拝殿が熊本地震で倒壊!現在と過去の画像や地図を調べた
地震が起きた時の非常時の備えを調べた!食料や女性が必要なもの!
スポンサードリンク

熊本県にある阿蘇山は震源地に近い

14日21:26頃に起きた熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.4の地震。

この震源地である益城町と阿蘇山の近くにあります。

rapture_20160414222606

地図で見るととても近くにありますね……。

活火山である阿蘇山と関係が全くないとは言えないと思いますが、実際はどうなのでしょうか?

阿蘇山は2015年9月に噴火し、過去に九州全土を壊滅させることもあった

rapture_20160414223038

私たちの記憶に新しいのが、2015年9月14日9:49頃に阿蘇山が噴火したことでしたね。

不幸中の幸いで、けが人はいませんでしたが、とても怖い映像を見ました。

この時、政府は噴火警戒レベルを3に引き上げ、入山規制をしたのを覚えています。

阿蘇山は元々阿蘇カルデラ内にある中岳を中心とした火山郡全体を言います。

過去30万年間に4度にわたる破局噴火を起こしており、富士山の噴火よりも大規模な災害になるといわれています。

9万年前の噴火では鹿児島県を覗く九州全県と山口県にまで火砕流が達し、最悪のケースとしては火山灰が北海道まで降り積もると言われています。

火砕流の参考動画

スポンサードリンク

一瞬で街を埋まらせるほどの破壊力を持つ火砕流はとても怖いです。

ただし、このような最悪の事態は100年以内に起きる可能性は1%と言われています。

このような噴火が起きることは想像出来ませんが、しかし、油断は禁物ですね。

地震の後の噴火、二次災害が発生した時のためにできるだけの備えはしたいものです。

阿蘇山噴火に関する反応を紹介

スポンサードリンク

やはり皆さん心配されていますね……。

今後、余震に気をつけながら災害が起きた際の最低限の備えはしたほうがいいでしょう。

追記 15日夜8時 気象庁は阿蘇山とは関係性なしと報道

(追記3にて小規模噴火に関して掲載)

気象庁によりますと、阿蘇山の火山活動とは関係性が今のところはないと報道しています。

現在の阿蘇山の「噴火警戒レベル」は「噴火警戒レベル2(火口周辺規制)」になっているので、今すぐどうのとは思えません。

ですが、東日本大震災の影響が日本全国に広がっているとの研究結果も出ていますので、防災対策はしたほうがいいですね。

備えあれば憂いなしですので。

追記2 16日朝7時 専門家が阿蘇山火山活動「影響ないとは言いきれない」

rapture_20160416072107
画像引用元:http://qbiz.jp/article/36304/1/

やはり、心配な情報が入ってきました。

火山噴火予知連絡会の副会長を務めている九州大学の清水洋教授(画像参照)によると

「震源の位置を詳しく解析しないとはっきりしたことはわからないが、昨日まで(15日まで)の地震活動と比べると、阿蘇山のかなり近い場所で規模の大きな地震が発生しているため、火山活動に影響がないとは言いきれない」と指摘しています。

「震度6強の地震の後、阿蘇山の近くを震源とする地震が起きるなど、地震活動が阿蘇山の近くまで広がっていて、今後、注意深く監視する必要がある」と指摘しています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160416/k10010482471000.html

気象庁は当初、阿蘇山とは関係性なしと報道していましたが、専門家のこのような意見が出てくると心配になりますね。

噴火の規模にも寄りますが、噴火すると救助活動や非難活動にも影響が出るのは間違いないですね。

噴火しないことを祈るばかりですが、それ以上にできる方は対策をとっておきたいものです。

追記3 2016年4月16日8:30 阿蘇山小規模噴火

rapture_20160416143152

2016年4月16日の朝8:30に阿蘇山で小規模噴火が起こりました。

気象庁によると今回の熊本地震との関係性は不明とコメントしていますが、火山活動が活発化しているのがもう素人目にも明らかですね。

まだ、小規模とのことですが、2015年9月の噴火、それ以上の噴火が起こらないことを祈るばかりです。

まとめ

熊本県益城町でおきた地震と阿蘇山噴火の際のことについて調べてみました。

今後、余震が続き、二次災害が起こらないとは言えないので、九州の方、そして、日本全国の方は備えを万全にしておいてください。

でも、これ以上災害が起こらないことが1番言いのですが……。

合わせて読みたい記事はこちら
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ
宇土市役所が熊本地震で倒壊寸前!鉄筋コンクリートの過去現在画像も
阿蘇神社の楼門と拝殿が熊本地震で倒壊!現在と過去の画像や地図を調べた
地震が起きた時の非常時の備えを調べた!食料や女性が必要なもの!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ