牛乳にペットボトルが使われない理由は?紙パックよりもビンがいい!

この記事は2分で読めます

私たちが普段口にする飲み物はいろいろとありますよね。

水、お茶、ジュース、炭酸飲料、コーヒーなど。

その中でも牛乳をよく飲まれる方は多いと思われます。

でも、牛乳って他の飲み物と別でペットボトルで売ってないですね。

いったいどうしてなのでしょうか?

そこで今回は牛乳がなぜペットボトルで売られないのか調べてみました☆

スポンサードリンク

牛乳がペットボトルで売られない理由は雑菌のせい

なぜ、牛乳はペットボトルで売られないのだろうか?

それはペットボトルが他の飲み物に比べて栄養価が高いためにあります。

牛乳は他の飲み物に比べて栄養価が高いことにより、飲みかけの場合、雑菌が繁殖しやすいのです。

雑菌が繁殖した牛乳を飲んでしまうと、お腹を壊すなど、人体に影響を受けます。

また、牛乳は通常常に10度以下で保存しないといけません。

しかし、ペットボトルは持ち運びが楽なため、常温、もしくはそれ以上になる可能性が高いです。

そうなると、雑菌が繁殖する可能性が高いので、ペットボトルは使用されていません。

スポンサードリンク

ペットボトル入り牛乳は雑菌以外にコスト増もネック

一時期、ペットボトル入り牛乳の開発が進められた時期もありました。

現在、牛乳の消費量と生産量が減少傾向にあり、持ち直す起爆剤としてペットボトル牛乳が検討されました。

2007年10月には法律が改正され、ペットボトル入り牛乳を販売できるようになりました。

しかし、雑菌以外にも新たにペットボトル入り牛乳を生産するコストが大幅にかかることが判明しました。

一般に流通されているペットボトルを牛乳入りペットボトルに転用することができず、新たに1から開発しないといけないからです。

また、現在流通しているビン、紙パックも平行して生産しないといけないので、切り替えるコストを考えると採算が取れないと考えられています。

このため、日本ではペットボトル入り牛乳は一部以外では生産されていません。

牛乳の容器にはビンが人気でエコ

牛乳入りペットボトルが検討されていましたが、消費者が牛乳の容器で1番いいのはビンとのアンケート結果があります。

ペットボトルに関してはやはり衛生面に関しての心配があります。

また、紙パックに関しては飲み終わった後、洗って乾かし、広げるという手間や衛生面で心配する言葉が上がっています。

一方、ビンに関しては飲んだ後にすすぐだけでいいので手間がかからないとのことで人気があります。

また、エコの面では回収し、煮沸などの消毒を十分に行なえば再利用ができるとのことで、現在の環境問題に合っていると言われています。

このため、牛乳のビンは昔から今でも人気があります。

まとめ

ペットボトル入り牛乳は雑菌が繁殖する可能性が高いから製品化されない

ペットボトル入り牛乳は生産するのにコストが高いのでメーカーも作りたがらない

牛乳の容器はビンが人気がありエコである

以上です。

牛乳は確かに美味しい飲み物ですが、管理を怠るとすぐに悪くなるイメージがありますもんね(^^;)

衛生面に気を使いながら私たちの家庭に来ているのがよくわかりました☆

皆さんも、牛乳を見たときに容器にかんして少し考えてみてはいかがでしょうか?(^^)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ