ニートが復活する方法を調べてみた!先輩たちの経験を真似てみよう!

この記事は2分で読めます

現在の日本では働かず、勉強もしない、就職活動もしないニートの人たちが大勢います。

これはある種の社会問題になっていますが、ニートから脱出できた人たちもたくさんいます。

今回は先輩たちがニートをどうやって脱出できたのかを調べ、現在、脱出を考えている人たちの参考になればと思い、この記事を書きました。

スポンサードリンク

人とあって話をする

ある人はいきなり人と会って話をすることを始めました。

ニートになる前にいた周りの人間とは違う、別の考えを持った人もいることを知り、ニートから脱出を図る気持ちを持ったそうです。

資格勉強をする

ニートは沢山の時間を持っています。

ですので、暇になったある方は適当に資格の勉強を始めたそうです。

何回か試験には落ちたそうですが、自分の好きな分野を勉強し、資格を取得したときには自分に自身を持てたようで、就職活動も上手く行ったそうです。

公務員試験を受ける

資格勉強に似ていますが、公務員試験を受けるために勉強を始めたそうです。

一般の企業よりはストレスが無く、問題を起こさなければ定年まで安泰な公務員は、不況の世の中ではまさに楽園です。

ニートも楽園ではありますが親がいなくなったら楽園は滅びます。

そのためにも公務員試験に合格するために頑張った先輩は多いみたいです。

スポンサードリンク

ネオニートになる

ニートの強い見方といえばインターネットです。

現在、嬉しいことにパソコンとネット回線があればお金を稼ぐことは容易にできます。

働かずともお金が入る仕組みを作ればニート生活安泰です。

ネオニートになってこの生活を守り、収入があればいずれは個人事業主、会社社長になることも夢ではありません!

旅に出る

ニートは現在の自分が置かれている居場所に満足しています。

この状況から脱するために、先輩方で旅に出た人は多くいました。

親にできるだけお金を借り、自分が知らない土地、自分のことを誰一人知らない場所へ行ったそうです。

その経験からニート脱出できた人は多いみたいです。

アルバイトを始める

何か欲しいものがあるとき、親からお金を貰うのは辞めて、自分でアルバイトをして買ってみましょう。

最初は日雇いのバイトでもいいのです。

その1日働いてお金を得たという経験が自身になり、自分の可能性を見つめなおすきっかけになります。

まとめ

ニートから脱出した先輩たちはいろいろな方法で脱出しました。

実際、ニート暦が長い人は多いと思いますが、いつまでもあると思うな、金と親です。

なくなる前に脱出し、自分だけで生きて行く道を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ