フェンリルの眼X

日常に流れている情報を狼のような"独自目線”で斬ります!!

スマホ依存症にはリスクが多い!身体や心に影響が!治し方とは?

   

今の私たちの生活に無くてはならない「スマートフォン

すぐに情報を得ることができるだけではなく、コミュニケーションやそれ以上に大事な存在になっていますよね。

しかし、その影で問題になっているのが「スマホ依存症

いったいどんな問題があるのでしょうか?

今回はスマホ依存症のリスクと治し方について調べてみました。

スポンサードリンク

スマホ依存症とはスマホを長時間使用しないといけなくなること

rapture_20160124220304

スマホ依存症とは、現在私たちの多くが使用しているスマホを長時間使用することを言います。

現在、ニュースや情報、動画、ゲームや漫画などを楽しむためにスマホを使用していますね。

それによって多くの悪い症状がおき始めることを「スマホ依存症」と言います。

スマホ依存症のリスクは深刻で身体や心に悪影響

rapture_20160124225119

スマホ依存症はいろいろな面で私たちに深刻な悪影響を与えています。

その悪影響を調べてみました。

身体的な影響

スマホの画面を使用する際、光の強いLEDを長時間見るので視力が低下します。

それ以外にも、スマホを使用する際、多くの人が背中を丸めて猫背になったり、首を下に向けて使用していると思います。

この場合、肩こりや頭痛、血行不良などを起こします。

また、本来カーブしているはずの首がまっすぐに変形する「ストレートネック」になってしまいます。

そうなると吐き気やめまい、手の痺れが起きてしまいます。

精神的な影響

スマホを使用している人の中にはSNSを利用している人も多いと思います。

SNSは気軽に人と繋がることができますが、その反面、実生活での人との交流が減ることもあります。

自分とSNSで繋がっている友人を比べてしまうこともあります。

これが原因でうつ病やパニック障害、自律神経失調症を引き起こすこともあります。

また、スマホが自分の手元にないと強い不安を感じる「禁断症状」があります。

禁断症状になると仕事や日常生活に支障を来たす可能性があります。

睡眠時間の影響

スマホの画面からは睡眠のリズムを崩すブルーライトが出ています。

寝る前にスマホの強い光を見てしまうと寝つきが悪くなり、睡眠不足の原因になります。

コミュニケーションの影響

スマホを利用すると直接人と接しなくてもコミュニケーションを取る事ができます。

しかし、スマホだけのコミュニケーションでは実際に人と会ったときに上手く交流できなくなることがあります。

オンライン上ではコミュニケーションが取れるのに、実際に会うと上手くコミュニケーションが取れない「コミュ障」になる可能性があります。

これら以外にもスマホ依存症の悪影響があります。

スポンサードリンク

スマホ依存症かチェックしてみよう

rapture_20160124223133

それでは自分がスマホ依存症かどうか確認してみましょう!

スマホ依存症チェックリスト

1.スマホが忘れたり、使用できないと不安になり、生きていけなくなる
2.とりあえず用もないのに無意識にスマホを触っている
3.友達や恋人、家族などの親しい人といるのにも関わらず常にスマホをいじっている
4.スマホのせいで勉強や仕事、趣味の時間が減った
5.スマホが使えない時間がイライラして落ち着かない
6.親しい人に「スマホ使い過ぎ」などと注意や不満を言われたことがある
7.充電器やバッテリーを常に持ち歩かないと不安になる
8.食事中、飲み会、宴会中でも気になって見てしまう
9.Wi-Fi設備や充電ができるかでお店を決めたりする
10.寝る寸前までいじり、スマホを握ったまま寝ている
11.電車や隙間時間などで暇さえあればゲームをしている
12.SNSをよくチェックし、更新を常に待っている
13.ネットの交流ばかりでリアルでの交流が少なくなった

7つ以上当てはまるとスマホ依存症です。

引用元:http://ネタ雑学.jp/sumahoizonshounohito572-572

ちなみに、私は9つ当てはまりました……。

完璧に依存症ですね(^^;)

スマホ依存症は、本人は全くの無自覚であり、悪いことだと思っていないのがひとつの特徴でもあります(^^;)

気をつけなければなりませんね……。

スマホ依存症の治し方はマイルール作りから

rapture_20160124224222

スマホ依存症を治すにはどのような方法があるのでしょうか?

それはマイルールを作るのが大事です!

まずは余分なアプリを消すことです!

いらないアプリを減らすことによってスマホを使用する時間を減らせます。

次に人とコミュニケーションを取る時や仕事・学業のときは使用しない

これによって人と直接接する力を身につけ、自身の生活に支障を来たさないようにします。

そして、スマホを使用する時間を決める

長時間ダラダラと使用してしまうことが問題なのです。

睡眠時間の数時間前からは使用せず、通勤通学の時もチェックする項目以外は使用しないようにすることで大幅に時間を短縮することができます。

このようなマイルールを作ることが重要なのです。

まとめ

スマホは私たちの生活には無くてはならない便利なものです!

しかし、便利がゆえに長時間使用しすぎて、私たちの心身や生活に悪影響が及ぶのも事実です。

便利なものですから、マイルールを作って、上手にスマホと付き合って生きたいですね☆

スポンサードリンク

 - 生活