イケダンとはイケテル旦那!かっこいい亭主!要素はファッションも

この記事は2分で読めます

育児に協力的と言われて、世の妻に支持を集めたイクメンという言葉。

しかし、今イクメンに変わる新しい言葉が話題になっています。

それがイケダンです!

イケダン……、いったいなんでしょうか?

というわけで、今回はイケダンについて調べてみました☆

スポンサードリンク

イケダンとはイケてる旦那のこと!

rapture_20160117221718

イケダンという言葉は「イケてる旦那」を略した言葉です。

かっこよくて仕事もできる。

でも、家庭も大切にして妻や子供にも優しい、女性にとって理想的な旦那さんを言う言葉です(^^)

イケダンの要素は5つ!ファッションもね!

rapture_20160117222532

イケダンの言葉はわかりましたが、いったいどんな人がイケダンと呼ばれるのでしょうか?

その要素を調べてみました(^^)

ファッションセンスがあり、カッコいい

イケダンで1番最初に来るのは、とにかくカッコいいことです!

それはイケメンなだけではなく、ファッションにも気をつけなければなりません!

結婚してから、髪型やファッションに気を使わなくなり、男を捨てたような旦那さんはイケダンとは言えません。

ファッションも気をつけ、なおかつ、かっこよく振舞わなければイケダンには到底なれません。

仕事がバリバリできて収入が高い

男たるもの、仕事があって何ぼです!

仕事をバリバリこなし、社会的地位を手に入れ、尚且つ、高い年収を稼がなければ大黒柱としての威厳が保てません!!

イケダンはビジネスの世界でもイケメンにならなくてはなりませんね!

子供に優しく、家事育児をきちんとする

イケダンたるもの、仕事だけではなく子供に優しくなければなりません。

きちんと育児をし、子供の世話をして、子供に優しく接し、子供に愛される父親でなければなりません。

また、妻にだけ家事の負担を負わせるのではなく、自分から進んでできることをするのがイケダンたるものです。

料理上手でちゃんと片付けまでする

日ごろの感謝の意味をこめて、たまに料理をする旦那さんはとても素敵に見えるものです。

また、旦那さんとしては気合も入り、とても美味しい料理をご馳走することでイケダンとなるでしょう。

しかし、料理をするだけではなく、食器などの片付けなど、妻に負担をかけないようにしないと意味がありません。

きちんと片付けまでしてからイケダンと言えるでしょう。

妻にも優しく、妻を愛している旦那

上4つができてもイケダンとはいえません。

そう、妻に優しくし、愛していないとイケダンとは言えません。

いつも育児や家事を頑張っている妻に、優しくねぎらってあげ、悩みはちゃんと聞きます。

そして、誕生日や結婚記念日にはサプライズで喜ばせましょう!

これができて正真正銘のイケダンといえます!!

スポンサードリンク

旦那をイケダンにするのは?妻からの愛情も大事

rapture_20160117223941

できることなら自分の旦那もイケダンにしたいですよね?

ここでは、どうすればイケダンにできるか調べてみました。

少しのことでも褒める

男は褒められると嬉しくなり、頑張りたくなるものです。

やってくれたり、変わったところがあったら褒めることで、旦那さんも少しずつイケダンになるための努力をするはずです。

完璧を求めず、見守る

自分も完璧を求められるととても大変ですよね?

旦那もそうです。

完璧なイケダンを求めず、少しづつ変わっていくようにし、むしろ変わってくれようとしている旦那を見守ることも大事です。

笑顔で接する

人は真顔や怒った顔で接せられると嫌な気持ちになりますよね?

旦那もそうです。

笑顔で接することにより、自分に愛着がわくようになり、率先して助けてくれるようになるはずです。

その助けてくれたり、支えになってくれたことに感謝して、笑顔で「ありがとう」と話すのがイケダンにする1番の方法です。

笑顔は大事ですね☆

まとめ

イケダンとは公私共に素晴らしい旦那のことを言うんですね(^^)

「こんな完璧な旦那いないよ」っと、思うかもしれませんが、旦那さんをイケダンにするのは妻の力でもあります。

旦那さんはイケダンを目指し、奥さんは旦那さんをイケダンにして、幸せな家庭を築いて欲しいですね☆

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ