コミュ力がない人が上げるために心がけること!聞けば人生変わる!

この記事は2分で読めます

人と人とが生きている上で必要なのはコミュニケーションですよね(^^)

会話などをして、お互いがお互いのことを知ったり、楽しんだりする上で重要なことです。

その力を「コミュ力」と言われてますね☆

そんな大事な力、皆さん上げたいと思いますよね!?

というわけで、今回はコミュ力を上げる方法を調べてみました☆

スポンサードリンク

コミュ力を上げるにはまずは挨拶!

コミュ力を上げるにはまずは挨拶が大事です!

挨拶は人と人とを結ぶ最初の言葉です。

これを元気に笑顔をすることでコミュニケーションの扉が開かれます。

コミュ力を上げたいと思っている人は、まずは挨拶を心がけて見ましょう。

挨拶の次は笑顔に気をつける

人と人が話すときには顔を見て話しますよね?

その時に気をつけるのは笑顔を絶やさないことです。

誰も相手が無表情だったり、怒った人とは話したくないですよね?

むしろ、笑顔の人には親近感が沸いてくるものです。

ですから、笑顔を心がけて話す様にすればコミュ力も上がりますね☆

相手に質問をし、聞き手になるようにする

人は自分の話を聞いてくれる人に親近感を覚えます。

話を聞いてくれるというのは、相手が自分のことを理解してくれている、知ろうとしていると思います。

それは話をしている側にとってはとても気持ちがいいことです。

ですから、できる限り聞き手にたち、相手が話しやすいようにすることがポイントです。

聞き手になったときの相槌をするようにしよう

いくら相手の話を聞いていても、黙っていただけではちゃんと聞いているかどうか相手は不安に思います。

その時に、ちゃんと聞いていると安心させる方法が相槌です。

うん、はい、へ~、なるほど、そうなんだぁ  など

相槌の種類はいろいろとあります。

また、相手が言ったキーワードを繰り返して言う「オウム返し相槌」も効果的です。

キーワードを言い返すことで、ちゃんと聞いて理解していると相手に伝えることができますので、心がけるといいと思いますよ。

スポンサードリンク

否定するのではなく肯定することを心がける

人は、特に女性は共感してほしいと思いながらコミュニケーションをとっています。

そんな人に、否定することは相手を理解できない、理解しないといっているようなものです。

ですので、あまり否定するのではなく、できるだけ肯定してあげるといいですよ。

まぁ、間違っていることを肯定するのはどうかと思いますが……。

コミュ力のある人を観察し研究しマネをする

コミュ力をつけるためには自分がコミュ力があると思う人を観察し、研究し、マネをするといいです。

コミュ力が高い人の話し方やしぐさ、笑顔を見て、マネをし、そこから自分らしさをプラスすることでコミュ力はあがりますよ。

それが自身にもなりますし☆

とにかく場数を踏むこと

今までコミュ力をつけるためのことを書いてきましたが、結局は場数を踏むことが大事です。

いろいろなテクニックを身に着けたとしても、実践を積まなければコミュ力はつきません。

ですので、いろいろな人とコミュニケーションを取る事が大事です。

コミュニケーションを取る人は誰でもいいです。

道行く人に挨拶をしたり、コンビニの店員さんにお礼を言うなどでもいいです。

私がおススメするのはファッションショップの店員さんと話をするのがいいと思います。

ファッションショップの店員さんはとても話をするのが上手ですから、いい勉強になると思います(^^)

ただし、買いたくない商品を買わないように気をつけないといけませんが(苦笑)

まとめ

コミュ力をあげる方法を書いてきましたが、人と関わることでいろいろな気づきや発見を見つけて、人生が楽しくなりますよ。

そのためにも紹介した方法を実践して、楽しい毎日を送ってくださいね☆

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ