ヘンプシードは高い栄養価を持っている!効果効能を調べてみた!

この記事は2分で読めます

TVや雑誌などのメディアで話題になっているヘンプシード!!

アメリカなどではブームであり、スーパーフードと呼ばれ、日本に上陸してきています。

でも、どんな物なのかはちょっとわからないですよね(^^;)

そこで、今回はヘンプシードについて調べてみました☆

スポンサードリンク

ヘンプシードは大麻の種

rapture_20151217122750

まず最初にヘンプシードがどんなものか調べてみました。

ヘンプシードは大麻草からできる種のことです。

元々は中央アジア原産の植物で、アサ科アサ属に分類されます。

日本とも縁が深く、伊勢神宮では神札を大麻と呼ぶ由来となった植物だったそうですよ!

そして、第二次世界大戦の終戦前までは米に劣らないほど作付けが盛んに行なわれてきました。

日本とゆかりが深い植物なんですね(^^)

ヘンプシードは大麻の種だけど違法じゃない

rapture_20151217115010

ヘンプシードが大麻の種と聞くと違法な薬物と思って怖くなりますよね( ̄ ̄;)

しかし、大麻が違法と言われる「大麻取締法」は幻覚作用や気分高揚の効果のある葉や穂の部分を規制しています。

大麻の種であるヘンプシードは規制外です!!

ですので、ヘンプシードを食用に用いることは合法ですよ(^▽^)

栽培するのはダメですが……。

スポンサードリンク

ヘンプシードの栄養価はとても優れている

rapture_20151217115112

ヘンプシードの栄養価はどうなのでしょうか?

調べてみるとヘンプシードの栄養価は大豆に匹敵するほど優れているのがわかりました!

まず最初に、ヘンプシードはタンパク質がとても豊富にあります。

ヘンプシードは卵や大豆、お肉よりも豊富にあり、消化吸収力が優れているのが特徴です。

また、必須脂肪酸のバランスがよく含まれています。

そして、ビタミン、ミネラル、食物繊維も含まれているので、身体にいいこばかりですね!!

古来、忍者の非常食にも使われていたといわれてますから、その凄さは昔から知られていたのでしょうね(^^)

ヘンプシードの食用は大きく分けて2つある

rapture_20151217122620

では、ヘンプシードの食べ方はいったいどういうのがあるのでしょうか?

ヘンプシードが売られている物は種として売られているのとオイルとして売られているものがありますね(^^)

種は乾燥させたヘンプシードを細かく砕いているものがありますね。

それをサラダやヨーグルト、シリアルに振りかけて食べる方法があります。

少量をご飯と一緒に炊いて食べる方法もありますよ☆

次にオイルは思いサラダのドレッシングやソース、スムージーとして食べるのをおススメします☆

オイルは40度以上に熱してしまうと成分が変質が変わってしまうのでおススメしませんね(><)

いかがでしだでしょか?

皆さんもヘンプシード上手くつかって、健康的な身体を手に入れましょう(^^)/

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ