アマランサスは栄養豊富な雑穀!葉も食べられる!花言葉も紹介!

この記事は2分で読めます

TVや雑誌で話題になっている食品にアマランサスがありますね!!

スーパーフードと言われ、海外セレブが食べたり、あのNASAが認めて宇宙食として使う食材というから驚きですよね(^▽^)

でも、どんな食材なのか気になりますよね。

そこで、今回はアマランサスについて調べてみました☆

スポンサードリンク

アマランサスとは南米原産の花

rapture_20151216203917

アマランサスとはいったいどんなものなのでしょうか?

アマランサスは南米原産の花で、ハゲイトウの仲間です。

ヒユ科ヒユ属でヒエの仲間でもあります。

古代南米で栄えたインカ文明などでは食物として栽培され、トウモロコシや豆に並ぶ重要な作物の1つでした。

19世紀にはインドで栽培され、日本へは江戸時代に鑑賞する花として伝来しました。

ですが、東北地方の一部ではアカアワと呼ばれ、食用に現在も栽培されています。

南米からはるばる日本に来たんですねぇ(^▽^)

確かに赤く、綺麗な花が咲くので観賞用にぴったりですね☆

アマランサスの花言葉を紹介

rapture_20151216213004

このページは男子も見てらっしゃると思いますが、女子の皆様にとっては花言葉が気になりますよね!?

そこでアマランサスの花言葉を調べてみました☆

1.粘り強い精神
2.心配ご無用
3.不老不死
4.粘り強さ
5.不死
6.不滅
7.変わり者

でした(^▽^)/

メインの意味としては粘り強い精神になりますね!

もし近くに頑張っている人や目標に向かっている人がいれば、アマランサスを贈るといいかもしれませんね(笑)

スポンサードリンク

アマランサスは栄養豊富な雑穀

rapture_20151216210639

次に、アマランサスの気になる栄養について調べてみたいと思います☆

アマランサスの特徴といえば、白米の約2倍のタンパク質を含んでいるところです!!

このタンパク質は消化吸収よく、白米3倍以上消化がいいそうですよ。

それに、カルシウムや鉄分、マグネシウム、リンなどが豊富に入っており、白米と比べると鉄分は7.5倍、カルシウムは31.8倍もあります

食物繊維も豊富だそうです。

また、ビタミンA、C、E、K、B2、B5、B6、葉酸、ナイアシンも豊富に含んでおり、ビタミンや抗酸化物質も多く含んでいます。

免疫力を上げ、アンチエイジング能力もありそうですね(^^)

また、これほど栄養価が高いと、ダイエット中の不足する栄養素を補うことも期待できますね☆

NASAが宇宙食として取り入れるのもわかりますね(^^)

アマランサスの食べ方 葉も食べられる

rapture_20151216212608

それでは、アマランサスの食べ方をご紹介したいと思います(^^)

アマランサスの1番簡単な食べ方としては、他の雑穀と同じようにお米を炊く際に一緒に炊いて食べることですね☆

また、ゆでると少し粘り気が出て、プチプチとした触感になりますので、サラダのトッピングやマリネなどにもいいと思いますよ☆

また、タラコの変わりにパスタと和えるのもいいですね。

ここで1つ!

なんと、アマランサスの種だけではなく葉も食べられるとのことです!!

野菜のように食べられているとのことで、葉を湯がき、マヨネーズとしょうゆでたべたり、ゆでた後サラダとして食べているとのことです!!

rapture_20151216213827

びっくりですね!!

でも、すごく美味しそうです(☆▽☆)

これは試してみたいですね(^○^)/

いかがでしたでしょうか?

皆さんもアマランサスを上手く食事に取り入れて、健康な身体を手に入れましょう☆

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ