腸内フローラの意味は?改善する食べ物は発酵食品!検査もできる!

この記事は2分で読めます

最近、よく目にする言葉に「腸内フローラ」という言葉がありますね(^▽^)

言葉は知っているけど意味はわからないという人は多いのではないでしょうか?

腸の中のお花畑って何?って、私も思っています(^^;)

そこで、今回は腸内フローラについて調べてみました☆

スポンサードリンク

腸内フローラの意味は腸内細菌の群れ

rapture_20151214175656

私たちのお腹の中にはたくさんの細菌がいます。

健康な人の場合、腸内には400種類を越えるほどの細菌がいて、約100兆個の腸内細菌が住み着いています。

その腸内細菌は病原菌を体内に入り込ませないようにするために、小腸の終わりから大腸にかけてびっしりと隙間無く種類ごとにまとまって、敷き詰められているそうです(^^)

その様子がお花畑(腸)に敷き詰めれているいろいろな種類の花(細菌)の様であるから、腸内フローラと言われているそうです(^▽^)/

正式名称は腸内細菌叢/ちょうないさいきんそうと呼ばれています。

この腸内フローラ、つまり腸内細菌は1人1人種類が別であり、並び方も違って同じものはないそうです。

そして、腸内細菌は日によって変わっていくそうです。

腸内細菌には3つの種類があります。

身体にいい働きをするといわれている善玉菌

身体に悪影響を与え、有害物質を作る悪玉菌

通常影響を及ぼさないが、体調不良の際に悪玉菌になる日和見菌

通常、健康な人は善玉菌が悪玉菌の動きを抑えることで腸内フローラのバランスを保っています。

しかし、生活習慣やストレス、食生活の乱れによって悪玉菌が活発に活動し、腸内フローラのバランスを崩すだけではなく、老化促進や癌などの生活習慣病の原因になる可能性が高まります。

人それぞれ顔や体格、手相などが違うように腸内フローラも違うんですねぇ☆

しかし、腸内フローラのバランスを保つために、善玉菌を増やさないといけませんね!!

癌はもちろん!老化だってしたくないですから、善玉菌を増やし、腸内フローラのバランスを改善するにはどうすればいいのでしょうか?

腸内フローラを改善するには発酵食品がおススメ!!

rapture_20151214212115

腸内フローラを改善するには善玉菌を増やすことが先決!!

しかし、増やすには何をすればいいのでしょうか?

それは、善玉菌である乳酸菌を多く含む発酵食品を食べることがいいのです!!

発酵食品は善玉菌である微生物(乳酸菌)の働きによって作られます。

ということは、その微生物が多くくっついている発酵食品を食べればいいのです。

発酵食品の代表例としては

ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、ぬか漬けなど

調味料では

味噌、醤油、塩麹など

があります。

また、腸内フローラにある善玉菌を元気にするにはオリゴ糖を摂取することをおススメします。

オリゴ糖は砂糖よりも低カロリーで血糖値をあげず、善玉菌のエサになる優れた糖分です。

オリゴ糖を多く含んでいる食品には

バナナ、たまねぎ、ごぼう、豆類、とうもろこし、はちみつなど

があります。

これらの食材を摂取することを心がけ、腸内フローラの調子をよくし、生活習慣病や老化防止に努めましょう(^▽^)/

スポンサードリンク

腸内フローラを検査してくれるサービスがある!!

rapture_20151214215049

いくら腸内フローラを改善するように取り組んでも、今の自分の腸内フローラがどうなってるか気になりますよね!?

そんな人には腸内フローラを調べてくれるサービスを受けるのをおススメします☆

内容は主に検便と同じように自分の便を採取し、専門機関に送って、後日検査結果が届くという仕組みです(^^)

しかも、その検査キットはAMAZONなどの通販サイトで購入することができます。

例としましては

腸内フローラ検査「ビフィチェック」 

自宅でできる腸内細菌叢(腸内フローラ)検査 『マイキンソー』

エクオール検査「ソイチェック」

などがあります(^^)

気になる方は利用してみてください☆

皆さんも腸内フローラのバランスをよくし、健康な身体で元気に日々を過ごしましょう(^▽^)/

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ