たこつぼ心筋症はストレスからなる震災で発症しやすい病気!症状や対策調べた

この記事は2分で読めます

熊本地震の余震が続いており、被災者の方々のストレスが溜まっていると思われます。

地震による避難生活が長引いている中、ストレスや生活環境の変化から体調を崩す方も増えているようです。

また、エコノミークラス症候群と一緒に心配される病気で「たこつぼ心筋症」と呼ばれる症状の心配が出てきました。

たこつぼ心筋症とはどんな症状なのでしょうか?

今回はたこつぼ心筋症について調べてみました。

スポンサードリンク

エコノミークラス症候群についてはこちら
エコノミークラス症候群は重症に可能性も!症状と対策を調べた!

たこつぼ心筋症とは日本で見つかった病気

たこつぼ心筋症は日本で見つかった病気で、心臓がタコツボのような形に急にしぼむ病気です。

突然発症する左心室心尖部の一過性収縮低下をもたらします。

特に高齢の女性に発症することが多く、男性の7倍の確立です。

心臓の動きが急に悪くなり、心臓がたこつぼのように広がってしまう病気です。

そのため、血液を全身に送りづらくなります。

たこつぼ心筋症の症状は?

たこつぼ心筋症の症状はどんなものなのでしょうか?

調べてみると、急性冠症候群や狭心症に似た症状が起こります。

心臓の動きが低下し、胸の痛み(狂心痛)や血圧低下、呼吸困難、動悸、不整脈などが起こります。

その症状は突然起こるり前兆がわかりづらいです。

たこつぼ心筋症は心臓にかんする症状なんですねぇ。

前兆がわかりづらいのはとても怖いです。

たこつぼ心筋症は強いストレスによって起こりやすい

たこつぼ心筋症がなぜおこるのでしょうか?

調べてみると、とても強烈な精神的・肉体的ストレスによって起こるといわれています。

最初に発見されたのは阪神淡路大震災であり、その後、中越地震や東日本大震災での症状が起きた方の報告があります。

つまり、震災などによる急激な強いストレスが要因とされています。

たこつぼ心筋症の対策は?

たこつぼ心筋症の対策はどのようなことがあるのでしょうか?

強いストレスから起こるので、一番はストレスを抱えないことが第一です。

長い避難生活の中では難しいかもしれませんが、これが一番です。

また、発症した場合は一般的には自然に治癒することが多いです。

しかし、急性心不全や心厳正ショック、心破裂、脳塞栓を引き起こす可能性もあります。

胸の痛みを感じたらすぐに医師の診察を受けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

たこつぼ心筋症を調べましたがいかがだったでしょうか?

一過性の症状のようですが、決して油断できない病気です。

胸の痛みを感じたらすぐに医師の診察を受けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ