ログ山荘火の鳥温泉が熊本地震後連絡取れず!どんな場所で詳細を調べてみた!

この記事は2分で読めます

熊本地震が14日夜に起こってからもとても強い余震が続き、被害が拡大しています。

そんな中、熊本県の南阿蘇村にある「ログ山荘・火の鳥」と連絡が取れないとの報道がされました。

もし、ここに泊まっている人がいたのならとても心配ですね。

しかも、崩壊した阿蘇大橋の近くとのことです。

阿蘇大橋の記事はこちら
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ

ということで、今回はログ山荘・火の鳥について調べてみました。

熊本地震に関する記事はこちら
[小規模噴]熊本地震は阿蘇山大規模噴火の前触れ?過去九州地方を焼き尽くした[随時更新]
宇土市役所が熊本地震で倒壊寸前!鉄筋コンクリートの過去現在画像も
阿蘇神社の楼門と拝殿が熊本地震で倒壊!現在と過去の画像や地図を調べた
地震が起きた時の非常時の備えを調べた!食料や女性が必要なもの!
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ

ログ山荘・火の鳥は欧風料理宿で温泉も有名

rapture_20160416183215

ログ山荘・火の鳥は人里はなれた宿

rapture_20160416184142

熊本県の阿蘇郡南阿蘇村の東側に位置する「ログ山荘・火の鳥」

正式名称は「欧風料理宿 ログ山荘 火の鳥」です。

航空写真から見てわかるのが、周りに建物はなく、道路は一本道であり、孤立しているのがわかります。

rapture_20160416183541

人里はなれた場所にあり、自然の中にあるのがわかります。

客室は6室のみの全てはなれ

客室は全室で6室しかなく、全て離れにあるログハウス風となっています。

客室のそれぞれが建物の造りからインテリアが異なっており、どの部屋に泊まれるかが楽しみの一つになっていました。

rapture_20160416183901

rapture_20160416183935

スポンサードリンク

料理はオーナー厳選のフランス料理

rapture_20160416184334

料理はオーナーのこだわりがとても感じられるフランス料理を提供しています。

また、料理に合うワインを厳選して提供しており、その組み合わせはとても素晴らしいといわれていますね。

温泉は源泉掛け流し

rapture_20160416185156

温泉は各部屋についている源泉掛け流しの「火の取り温泉」

ほのかな鉄のにおいがし、薄緑色の炭酸水素塩泉です。

他の宿泊客を気にせずに過ごせることでとても人気がありますね。

そして、気になる宿泊料金は最低でも23,500円ととても高級なのがわかりますね。

ログ山荘・火の鳥の地図と住所

ログ山荘・火の鳥の地図

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野1873−1

ログ山荘・火の鳥と連絡取れないのは孤立している?

ログ山荘・火の鳥と連絡がつかなくなっているとの報道がされましたが、なぜ連絡がつかないのでしょうか?

考えられる理由の1つは自然の中だからです。

周りが山に囲まれているため、携帯が通信不可能の圏外である可能性があります。

そして、ログ山荘・火の鳥までの道が一本道だけしかなく、この道が土砂崩れによって寸断されていたら下山することもほぼ不可能でしょう。

また、何かの影響で電話線が切られた場合は固定電話も使えません。

スポンサードリンク

このことから孤立している可能性が高いです。

ただ、宿泊施設であるため食料はある可能性がありますので、何とかなるかもしれせん。

しかし、一刻も早く連絡が取られ、宿泊客や従業員の安否を確認できればいいですし、孤立しているのであれば早く救援されることを祈ります。

まとめ

ログ山荘・火の鳥の件について調べましたがいかがだったでしょうか?

宿泊客や従業員が無事であり、無事なら一刻も早く救助されるのを祈るばかりです。

熊本地震に関する記事はこちら
阿蘇大橋が熊本地震の余震で崩壊・崩落!過去と現在の画像見比べたがエグイ
[小規模噴]熊本地震は阿蘇山大規模噴火の前触れ?過去九州地方を焼き尽くした[随時更新]
宇土市役所が熊本地震で倒壊寸前!鉄筋コンクリートの過去現在画像も
阿蘇神社の楼門と拝殿が熊本地震で倒壊!現在と過去の画像や地図を調べた
地震が起きた時の非常時の備えを調べた!食料や女性が必要なもの!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ