静岡おでんフェア2016の日程は?どんなお店がでるの?駐車場も!

この記事は3分で読めます

寒い時期になると食べたくなるのがおでん!

熱々のおでんをふーふーしながら食べるのっていいですよねぇ(^^)

そんなおでんのフェアが静岡県で開催されます!

その名も「静岡おでんフェア2016」!!

今回は静岡おでんフェア2016の気になる情報について調べてみました☆

スポンサードリンク

おでんの歴史 元々田楽だった

rapture_20160128171013

私たちの身近で、昔から親しまれている食べ物であるおでん。

でも、おでんってどんな食べ物か、どんな歴史がるのかって知っている人は少ないのではないでしょうか?

おでんは元々「田楽」を示す言葉でした。

室町時代に種となる具材を串刺しにして焼いた「焼き田楽」と茹でて作る「煮込み田楽」の2種類がありました。

江戸時代になると「焼き田楽」を「田楽」といい、「煮込み田楽」を「おでん」と言うようになりました。

おでんと田楽が同じ物を示す呼び方だったのは意外でしたね。

静岡おでんの特徴 黒いつゆが凄い!

rapture_20160128171131

では、静岡おでんはどんな特徴なのでしょうか?

静岡おでん、主に静岡県静岡市のおでんは濃い口醤油を鶏ガラや牛すじでダシをとった黒いつゆが特徴です。

はんぺんに関しては、通常白いですが、静岡おでんのはんぺんは黒いです!

黒はんぺんとよばれています。

サバとイワシで作った、つみれに近い黒はんぺんは骨や皮を取り除かずに作るのでカルシウムが豊富です。

また、全てのおでん種に竹串を刺して、「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節やカツオ節、青海苔をかけて食べます。

私は静岡県住みではないので、黒いおでんがあることに驚きましたが、黒いおでん……食べてみたいですね(^^)

スポンサードリンク

静岡おでんフェアは静岡おでんだけじゃない! 全国の味や家庭の味が楽しめる

rapture_20160128171310

静岡おでんの特徴をご紹介しましたが、静岡おでんフェアで楽しめるのは静岡おでんだけではありません!

静岡おでんフェアでは主にブースが4つに分かれています。

ファミリーおでんゾーン

静岡おでんを家族で気軽に楽しめるゾーンです。

屋台おでんゾーン

昔ながらの屋台を思わす屋台おでんゾーン。
椅子に座って食べるスタイルですね。

全国おでんゾーン

静岡おでんではなく、全国各地で食べられる地元のおでんが楽しめます。

過去には北は青森、南は沖縄までのいろいろなお店が出展しました。

それぞれのおでんの特徴を探すのも面白そうですね☆

みんなのおでんゾーン

地元の主婦や学生などの市民参加型のゾーンです。

家庭の味って中々味わえないですよね。

ここで家庭の味を楽しめます☆

など、静岡おでんだけではなく、全国の味や家庭の味が楽しめます(^^)

また、B級グルメも出展しますよ。

静岡おでんフェア2016の日程や会場、駐車場の情報!

rapture_20160128171407

では、静岡おでんフェア2016の日程や会場、駐車場の情報をご紹介します☆

日程:3月11日(金)~3月13日(日)

時間:
3月11日(金)
屋台おでんゾーン 16:00~21:00
ファミリーおでんゾーン 16:00~19:00
全国おでんゾーン 16:00~19:00

3月12日(土)
屋台おでんゾーン 10:00~21:00
ファミリーおでんゾーン 10:00~19:00
全国おでんゾーン 10:00~19:00

3月13日(日)
屋台おでんゾーン 10:00~18:00
ファミリーおでんゾーン 10:00~18:00
全国おでんゾーン 10:00~18:00

会場:静岡市葵区役所前 青葉シンボルロード

最寄り駅:JR静岡駅(徒歩10分)

駐車場:専用駐車場なし 近隣のコインパーキングを利用してください

近くのコインパーキングは主に30分/200円が多いです。

街中での開催なので、混雑する可能性が高いです……。
ですので、マイカーではなく、公共交通機関を利用するほうがおススメですね(^^)

まとめ

静岡おでんの特徴は黒いつゆと黒いはんぺんでした。

静岡おでんフェアは3月11日~3月13日開催です。

静岡おでんフェアでは普通のお店以外にも全国各地のおでん屋さんや主婦のみなさんなど、いろいろなお店が出展します。

静岡おでんフェアは街中にあり、専用駐車場がないので、公共交通機関がおススメです。

美味しいおでんを食べて、皆さんが幸せな気持ちになるといいですね☆

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ