大洗第二サンビーチの潮干狩り2016の時期はいつ?住所や駐車場の台数を調べた

この記事は2分で読めます

春になると暖かくなっていろいろなところに行きたくなりますよね!

その1つに潮干狩りを考えている方も沢山居ると思います(^^)

特に茨城県に住まれている方は「大洗第二サンビーチ」で潮干狩りを計画している方が多いでしょうね!

ということで、今回は大洗第二サンビーチの潮干狩りについて調べてみました!

スポンサードリンク

大洗第二サンビーチは北関東最大級の砂浜

大洗第二サンビーチは茨城県大洗町にある広大な砂浜の海水浴場です。

北関東最大級の広大な砂浜であり、春は潮干狩り、夏は海水浴を楽しむことが出来ます。

第一サンビーチと第二サンビーチとあり、第一は保護区に設定されているので潮干狩りはできないので注意が必要です。

潮干狩りが終わった後は日帰り温泉施設「潮騒の湯」に寄るのもおススメですね☆

第二サンビーチの潮干狩りはいつがいいの?

潮干狩りに行く時期が気になりますよね!

調べてみると、第二サンビーチでは5月上旬から6月末まで潮干狩りができますよ!

注意点は第一サンビーチでは潮干狩りができないのと、採れる大きさの規制がある点です。

大洗第二サンビーチでとれる貝は何?

潮干狩りに行くならどのような貝が取れるか気になりますよね!

大洗第二サンビーチではアサリ、ハマグリ、ホッキガイ、コタマガイが主にとれますよ(^▽^)

アサリ

rapture_20160410170410

日本に広く生息しているアサリ

最大6cmほどになる二枚貝であり、その模様は同じ模様をしたものは居ないといわれています。

食用で昔から使用されており、味噌汁、酒蒸し、和え物、しぐれ煮の日本食、ヴォンゴレスパゲティ、クラムチャウダーなどにするのがおススメです。

5/2に大洗第二サンビーチではアサリは取れないとのことで投稿がありました。

問い合わせたところ、アサリはほとんどとれず、ハマグリと誤解されて採られる事がわかりました。

この件に関してご連絡いただいたwain_ozさんに感謝します。

ハマグリ

rapture_20160410170626

東北地方より南の多くの海に生息するハマグリ

殻長8cm、殻幅3.5cm、殻高6.5cmほどで淡水の影響のある内湾に好んで生息します。

1980年以降の干拓や埋め立てなどによってその数は減らし、現在採取できる場所は貴重となっています。

古代から食用として好まれており、吸い物や鍋の具、酒蒸し、焼蛤、佃煮、串焼き、寿司、クラムチャウダーとして食べるのがおススメです。

大洗第二サンビーチでは3cm以下のハマグリは採取禁止です。

ホッキガイ

rapture_20160410170705

ホッキガイは別名ウバガイと呼ばれ、鹿島より北、日本海北部から沿海州、オホーツク海に多く生息しています。

殻長10cmほどになり、潮間帯下から推進50mの砂泥地を好みます。

東北より北では食用としてとても人気が高く、軽くゆでて刺身にしたりして食べます。

大洗サンビーチでは7cm以下のホッキガイは採取禁止です。

コタマガイ

rapture_20160410170731

殻長5cmほどになる北海道南部から九州に生息コタマガイ

日本各地に分布しますが、特定の生息地がないのが特徴です。

大発生した翌年は生息していないということもザラにあります。

あさりに比べてあっさりとした味となっており、味噌汁や酒蒸しにしてよく食べられます。

大洗サンビーチでは3cm以下のコタマガイの採取禁止です。

この他のおススメの食べ方があればコメントお願いします☆

スポンサードリンク

大洗第二サンビーチの情報をまとめてみた!

大洗第二サンビーチの地図

住所:茨城県大洗町大貫町地先

料金:無料

最寄り駅:鹿島臨海鉄道大洗駅より徒歩15分

マイカーアクセス:東水戸道路水戸大洗ICより国道51号経由10分

駐車場:無料駐車場7500台あり

レンタル:なし

注意点:大洗第一サンビーチは保護区で潮干狩り禁止

になります(^^)

スポンサードリンク

まとめ

今回、大洗第二サンビーチの潮干狩りについて調べてみましたがいかがだったでしょうか?

この情報を元に潮干狩りを楽しんでくださいね(^^)

潮干狩りにおススメの情報はこちらも!
潮干狩りに行く時の服装はおススメは?持ち物や道具に塩が便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • wain_oz
    • 2016年 5月2日

    記事中に、大洗でアサリが採れるとありますが、東京湾など湾内の干潟を好むアサリは、外洋の大洗には生息していないと思います。大洗で潮干狩りでとれるのは実質ハマグリだけだと思いますよ。町の商工観光課か観光協会へ確認してみてください。
     地元では、採取が禁止されているハマグリの稚貝(小さいハマグリ)をアサリと勘違いして獲っているという被害が出ていると聞いています。その原因として考えられるのは、アサリとハマグリの稚貝を区別できない人が、こうした記事を読んで採取していることなのではないでしょうか? せっかく禁止事項など注意喚起している記事ですし、地元の人が困っている、誤ったアサリの部分は削除された方がよろしいかと思います。

      • x-fenrir
      • 2016年 5月2日

      wain_ozさん

      コメントありがとうございます。確かに調べたところアサリは採れないとのことで記事を修正させていただきました。

      貴重な情報ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ