佐世保西海橋公園の桜2016の見頃はいつ?駐車場やライトアップも

この記事は2分で読めます

そろそろ桜が咲く季節が目の前に迫ってきました!

楽しみで仕方がないですね(^^)

そんな桜を長崎県佐世保市で楽しむなら「西海橋公園」はいかがでしょうか?

ということで、今回は西海橋公園の桜について調べてみました☆

スポンサードリンク

西海橋公園では約1000本の桜と渦潮が楽しめる

rapture_20160202171503

西海橋公園は佐世保市と西海市にまたがって作られた県立公園です。

日本最大急潮で有名な針尾瀬戸に西海橋と新西海橋の2つのがかけられており、その周辺に西海橋公園があります。

1955年に西海橋が作られたのに合わせて、両岸の丘陵地に作られました。

佐世保市側にはソフトボール場があり、西海市側にはアスレチック広場、ソフトボール場、チビッコ広場、海浜広場などがあります。

園内には約1000本もの桜が植えられており、毎年花見客でにぎわいます。

また、三月上旬からは針尾瀬戸名物の渦潮が現れ、桜と渦潮、ピンクと青のコントラストを楽しむことができます。

イベントも企画されており、期間中は屋台や楽しめるイベントもあるそうですね☆

桜と渦潮、両方楽しめるのはいいですね☆

また、アスレチック広場やチビッ子広場など、子供が遊ぶところも沢山あります。

大人だけではなくファミリーでも花見を楽しめますね(^^)

スポンサードリンク

西海橋公園の見頃時期 アクセスや駐車場などの情報も

rapture_20160202172724

西海橋公園の地図

住所:長崎県佐世保市張尾東町2678

見頃:3月下旬~4月上旬

駐車場:無料駐車場あり 500台

ライトアップ:あり 18:30~20:30

最寄り駅:JR佐世保駅

バスアクセス:JR佐世保駅から西肥バス西海橋行き「西海橋西口」または「西海橋東口」で下車

マイカーアクセス:西九州道佐世保大塔ICから国道202号経由18km 20分

になります(^^)

西海橋春のうず潮まつり開催

3月上旬から渦潮が見られることから、西海橋公園では「西海橋春のうず潮まつり 」が開催されます。

開催期間は3月上旬から4月中旬までなので、桜の季節と一緒です(^^)

花見と一緒にお祭りも楽しまれてはいかがでしょうか?(^▽^)

まとめ

スポンサードリンク

西海橋公園の桜について調べましたが

西海橋公園は2市に渡って作られた県立公園

約1000本の桜が楽しめる

3月上旬から渦潮も楽しめる

アスレチックなど子供が楽しめる施設がある

桜の見頃は3月下旬から4月上旬

3月上旬から「西海橋春のうず潮まつり」が開催されている

ライトアップは18:30~20:30に楽しめる

となりました(^^)

綺麗な桜、待ち遠しいですね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:フェンリル

管理人のフェンリルです。 このブログでは日常生活で流れている情報を独自目線で更新していきます。不定期更新ですが、できる限り頻繁に更新していきたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ